種を探して、蒔いてみる


息子は種を蒔くのが好き.3月に蒔いておいたエンドウやネギや根菜の種が、先日芽を出した!

これはエンドウ!

種を植えると、芽が出て、大きくなって、花が咲いて、実がなる、という流れが分かってきたようなので、トマトから出てきた種を「これが種だよ」と教えてみたら、家にある野菜を「これは?これは?」と聞かれたので、一緒にみてみることに.

種を探す

息子、包丁を手に入れたので、色々な野菜を切って種探し.

子ども包丁だけど、トマトもしっかり切れます
種を採取します
トマトの種、きれい!

ほかにも!と、野菜室の野菜を次々切っていく.

ピーマンはわかりやすいし取りやすい.

人参にはタネが見当たらなかったようです
いちごは表面にボツボツ
ポップコーンは種だと思うそうです
種が集まりました!

種を蒔く

そしたら、小さなポットに土を入れて、埋めていきます.

キュウリはどうなるでしょう
お水をやって、どうなるかはお楽しみ

キュウリは未熟果だとか、トマトのゼリーは発芽を抑えるとか、大人からするといろいろ分かっていることもあるけれど、今回は息子と一緒にどうなるか、みてみたいと思います!


一昨年のトマトも一部、食べ蒔きでした.スタートは遅かったけれど、最終的にはひけをとらない大きさになりました!

一番右のは食べ蒔き、左の立派なのは苗を購入
こんな感じで紙やティッシュに並べて種を取っておいてました

こうやって種を取って育ててまた種をとると先祖返りしたりするので、理科で遺伝を習ったりしたらまた興味を持てるだろうな.

お家にいる時間が長いから毎日水やりも観察できそう.これを収穫するまでには、状況が落ち着いていたらいいななんて思いつつ.

植えたのは、4月2日.進捗をインスタやブログに記録したいと思います.


「こういう投稿をまたみたい」というものがあれば、下の ボタンを押してください
こちらのページからご意見もお聞かせください
いずれも今後の投稿の参考にさせていただきます.

40+

コメントを残す

ご質問の方は「ご質問の前に」をご一読ください.