福音館の『こどものとも』と、ポスター

ご質問いただいたので、ポスターについて.

居間の壁に貼っているポスターは、『かがくのとも』の付録です.

こんな感じで壁に貼っておくと、1日に何度も目に付くので、虫のポスターなら、名前を覚えたり、みたことない虫も親しみをもてるようだし、今日はこれがいたと教えてくれたり.絵本もとてもいいのだけど、このポスターがとてもいいなと思います.

以前のものも

こどものともと入手方法

『かがくのとも』は福音館書店の月刊の絵本『こどものとも』のシリーズひとつで、『こどものとも』はこどもが0歳の頃から継続して購入しています.

雑誌として本屋さんで購入したり、オンライン書店 Fujisanに送ってもらったり、うちの場合は保育所経由でお願いすると毎月受け取ることができます.

毎年一年分のラインナップがあらかじめみられるようになっているので、それをみて2シリーズくらい年間購読を申し込み、購入しないシリーズでも興味のある号はチェックしておいて、個別に購入しています.


いいなと思うところ

0歳の頃に一度投稿していますが改めて.

幅広いジャンルの絵本

こどものものって、気をつけていても大人の趣味によりがち.特に0歳の頃は何が好きかまだ分からないから、大人が好きなものだけでなく、幅広いジャンルのものをこどもに手にとって欲しいなと思っていました.

毎月、様々な題材の、様々な作風の絵本が送られてきます.絵本を買う時って大人目線でこれはいいなとかこれはちょっととかと思ってしまうこともあるけれど、毎月送られてくる月刊絵本は大人のフィルターがかからないのがいいなと思います.

男の子だから女の子だからとかと決めつけずに、いろいろな話題に触れられるのがとてもいいなと思います.いろいろな作家さんのものを読めるのもうれしい.そしてたまに安野光雅さんや五味太郎さんのような大御所も混ざっている.

こどもの成長・興味、季節に合っている

こどものともは、0.1.2 、年少版、年中向き など、成長に合わせたラインナップがあります.

赤ちゃんの頃は0.1.2を購入していました.0.1.2は、角が丸くなっていたり、厚紙でできているのでめくりやすかったり、赤ちゃんでも見やすい絵や内容.まだかじっちゃったり、絵本がおもちゃみたいな立ち位置の時でも、好きにさせられるのがとてもよかったです.

それ以降も、成長に合わせてシリーズを選んできましたが、ちょうどその年で興味を持ちやすいものが題材になっているなと感じます.絵本を読んだ延長で、遊びに発展したり(→『家の中をヘリコプターで』)、言葉に興味をもったり、外で虫や植物を探したりしています.

かがくのとものシリーズは、季節に合わせたお話が多いので、絵本から体験に結び付けて、興味をより広げられるなと思います.冒頭に出てきたポスターも、その季節の虫や植物のポスターを壁に貼っておくと、何度も眺めています.

こどもの成長や興味と合わない時もあるけれど、しばらくおいておくと興味を持ったり、成長が追い付いたりして読むことができます.

安価・嵩張らない

こどものともは、普通の絵本に比べ、本の作りが簡単です.したがって安価なのがうれしい!(月刊のものの中から絵本として出版されるものもありますが、その場合はしっかりした装丁で、相応の価格になります.)

嵩張らないので、本棚にはバックナンバーも置いておいて、こどもの興味に合わせてバックナンバーを引っ張り出して読んでいます.

数年買っているとかなりいろいろな話題をカバーできて、例えば病院で検査を受ける時に「すいぞくかんのおいしゃさん」というバックナンバーを一緒に読んでから行くと、「こうやって採ったのを、お医者さんはああやってほら、顕微鏡で見ているねえ」と言った感じで、こどもなりに理解しやすいようでした.

嵩張らないので、大きくなったら、まとめて人にゆずりやすいなとも思っています!


こんな感じで、こどものともシリーズはとってもおすすめです!



ブログ、どんどん投稿が埋れていってしまうので、まとめページを作ってみようかと思い、まずは「モノリスト」(旧ブログにあったまとめページの名前で引き続き)、こどもの「遊び」と「学び」のページを作って、少しずつ追加しています.「学び」に、「こどものとも」も追記しておきました.

PCのブラウザではサイドバーの一番上、モバイルでは下の方へスクロールしていくとリンクが出てきます.

モバイルでは、タイトル下の をクリックすると、モノリストへのリンクのあたりに飛びます.