洗面室の手拭き

去年の秋は、使い捨てを減らそうと台所の手拭きを見直したり、ウエットティッシュを見直したりしていました.

その後の感染症騒ぎで、やっぱり使い捨ての方が衛生的なのかな、という気もしつつ…しばらくは、出来るだけ衛生的に、でも使い捨てずに、という感じでやろうと思って、手拭きの仕組みを見直したのが春.


手拭きを一回一枚に

いよいよまずいとなれば、手拭きも使い捨てにするとして、ひとまずは一回一枚使って洗濯する、という仕組みにすることに.そうなるとたくさん手拭きが必要になるので、作ってみました.

手拭きの要件

今回は、一回一枚使う手拭き.なので、一回分の水を吸い取れればいい.
それから、洗濯までの間に出来るだけ乾いた状態で保管できるといい.
そして、たくさん必要なのでコストも出来るだけ抑えたい.


それで、乾きやすいワッフル生地で、小さめに作ってみました.

使った布はこちら.(自粛期間だったためネットで購入)

『リネンワッフル』

楽天

108cm幅で、1m分購入.2640円でした.

カットします!

ここから36枚にカット.一枚あたり生地は73円.四隅を縫って、家にあったバイアステープでループをつけました.

置き場所は洗面台の横.カゴに入れています.ざっくり畳んで.

ちなみに横のタオルは洗顔用.

これを、一回一枚使って、息子が使い終わったものは、洗面台下のフックにひっかけてもらいます.

大人は脱衣室のフックに.こっちの方が除湿機もあるし乾きやすい.洗濯機の真上なので、洗濯し忘れないし.

洗濯機を回すときに、まとめて洗って干します.

布おむつの頃を思い出す.

リネン100%のワッフルなのであっという間に乾きます.

ちょっとシャリ感があって、ゴシゴシ拭くと痛いかも.ハリがあるので一箇所で干しても広がっていてくれて乾かしやすい.水分を吸収して、洗濯までの間に一度乾いてくれるし、いい感じです.

枚数は、はじめは半分の18枚作ったのだけど、それでは1日1回の洗濯では全然足りず.夏は2回洗濯していたので良かったけど、それでも36枚あると我が家は安心な感じでした.


いよいよとなれば使い捨てのペーパーにすることになるかもしれませんが…

一回一枚の手拭きを使うのって気持ちがいいし、難しいかなと思ったけれど続けられているので、良い見直しになりました!


そして今まで使っていたハンドタオルはこれをもって引退.7年くらい使いました.

『今治タオル コンテックス』

amazon 楽天

こちらも10枚で回していて、湿ったら交換って感じでしたが、3人でこう頻繁に手を洗うとなると全然足りず.


こちらの投稿で「続きます」とか書いてすっかり忘れてました.他にもありそう、こういうの…