授乳クッションを作る

授乳する時に、新生児はおひざにのせても届かないので、授乳クッションをはさむらしい.

それ以外にも、
・赤ちゃんをななめに寝かせる
・赤ちゃんをくぼみにはめてお座りさせる
・妊娠中の抱き枕にする
と、いろいろ使えそうなので作ることに.

用意するもの

  • 中綿
  • 中綿用の布(使い古したリネンのシーツ)
  • カバー用の布(naniIROのダブルガーゼ)

『ロッタさんと作る 赤ちゃんのふだん小物』(→ amazon)の型紙を使いました.


生後3ヶ月に追記

これは、うちでは必須でした!つくってよかった!

入院中

とにかく新生児は小さいし、慣れない授乳、急遽夫に持ってきてもらいました.たすかった.

退院直後

平らなお布団で寝かせるとすぐ起きるし吐くので、おくるみをして、くぼみにはめて斜めに寝かせることで、よく眠るようになりました.

『カリスマ助産師トコちゃん先生の赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本』(→ amazon)を参照)

image

新生児期

昼間、居間にいる時、ベッドの上にいてもらう間は、授乳クッションが居場所に.少し上体が起きるので、目線も合わせやすい.

新生児〜現在(生後3ヶ月)

夜は3人でベッドに並んで眠りますが、小さくて心許ないので、授乳クッションでスペースを確保.

そんなこんなで、授乳よりは、居場所として大活躍でした!

授乳後、眠っているのを事前にセッティングしておいた授乳クッションの居場所に置きたいので、授乳クッションには普通の四角いクッションを使っています.

それから、クッションはしっかり中綿が詰まっている方が使いやすくて、産後にワタを足しました.


\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ

3+

この投稿にコメントをする