小さなコンポスト、はじまり

先日のアンケートにご協力いただき、ありがとうございました!

コメント欄では、みなさま長文をお送りくださり、なんだかお手紙をいただいたようで、とてもうれしく拝読いたしました.10代の読者さんがいらっしゃるのに驚いたり、「ああ、あの方だ!」と思うお名前に馴染みのある方もいらっしゃって、一方通行に思えるブログですが、なんだか読者さんと関係を築けているのを感じられました.

アンケートの結果とコメントにいただいた内容を参考に、今後のブログを考えてみたいと思っています.引き続き、ご意見を受け付けています.


いただいたコメントの中に、私も投稿してみたいと思っていたコンポストについてというのがあったので、今回はコンポストについて.



今までのコンポスト

この家にきてから、野菜くずを土にかえしています.

息子も小さな頃からお手伝い.

庭の一角に穴を掘り、野菜くずを入れて土とまぜるだけ.最後に土を被せておけば、我が家の場合ですが、動物がきたり虫がわくこともなく、においもなく続けてこられました.

きちんとした堆肥を作るのとは違い、生ゴミを減らす目的であれば簡単で、気づけば野菜くずは見えなくなってしまう.

ただ庭の土に直に埋めていたので、基本的には地元で取れた野菜のくずや少量の揚げ油などに限定して処理していました.


コンポストに入れられるものを増やしたい

今までは野菜くずを容器にため、1・2日に一度、庭に運んでいた.

けれど去年から家にいる時間が増え、3食つくる日も多く、お茶がらやコーヒーカスもたくさん出る.もっとこまめに処理したい.

それから、ゴミをもっと減らしたいというのもあって、もっといろいろなものをコンポストにいれたいなと思うようになった.

排水口のゴミ

排水口のゴミかごの中身は今までゴミとして出していたのだけど、観察してみると、米粒やらちょっとした野菜くずだし、コンポストで問題なさそうな組成.ただ、ためずにこまめにコンポストにいれたいなと思う.

お茶がら・コーヒーカス

お水を買わずに、お湯やお茶を作るようになって、お茶がらの量も増えた.

それから夫がテレワークで在宅することが増え、コーヒーカスも増えた.布フィルターを定着させるためにも、台所から出てすぐのところにコンポストが欲しい.

細かな食品のかけら

お皿のものは残さず食べるようにしていても、カツの衣とか、そういう細かなかけらはどうしても出てしまう.そういうものも、コンポストに入れたい.

生もの

今までは、動物をよんでしまいそうなので野菜くず中心に埋めていましたが、コンポストで生ものにも挑戦したい.

野菜くず

引き続き、家で処理したい野菜くず.妊娠中やこどもが小さなうちは、野菜の皮をピーラーでむいていましたが、小さなコンポストで完結させたいなと思って、最近は出来るだけむかずに食べるように.野菜くずも以前よりずっと減りました.

使用済みの油の処理も、このコンポストで完結させたいなと思っています.


小さなコンポストを始めました

それで、小さなコンポストを、台所を出てすぐのデッキ横に置くことにしました.ここなら、靴を履かずに、台所からすぐにコンポストに入れられる.

これは写真を撮るために日陰に移動したので、実際はデッキの隣のテーブルに置いています.

土に埋めるのと違って、完全にこの箱の中で完結するので、観察もしやすい.ベランダでも続けられるのではと思います.

次回の投稿で、材料や、我が家のコンポストの構造など、まとめたいと思います.


私はお正月休みにはじめたので、まだ夏を経験していませんが(虫やにおいは夏にならないと分からない)、今後の様子もブログに投稿したいと思っています.

まだ寒い日が続いていますが、コンポストの中はほわっとあたたかいです.