子ども椅子の手入れ

息子が0歳のときに購入したアップライトの近況.

たまにデッキに出して、拭き掃除したり、細かいところの汚れを古歯ブラシでこすったり、座面にブラシをかけたりしてお手入れしています.

一生懸命ブラッシング

付属のカバーはボロボロになってしまったので、今は手作りカバーを使っています.

毛玉とりブラシなら子どもにも安心して任せられます.ブラシは素材を選ぶ感じがあるし、好みも分かれそうですが‥

『毛玉取りブラシ』

amazon 楽天

椅子を動きづらくする

いつからか息子、座っているときに椅子をガタガタしたり、テーブルを押して椅子を動かしたりするようになりました.

怒っている時や手持ち無沙汰な時などに椅子を動かしていたのが、そうでなくても癖のように椅子をガタガタしたりずらしたり‥椅子がテーブルから離れると、足が上がってしまったり、食べこぼしが増えたり、食事中に椅子から降りたりも増える.食事中に椅子を戻すのも面倒だし、ちょっと困る.

それで、家にあった滑り止めを、椅子の床と接するところに貼り付けてみました.これがよかった!

特に座っているときは体重もかかるので、座ったまま椅子をずらすことができなくなりました.そうすると、足が上がげたりできなくなったし、食べこぼしや食事中のそわそわした感じがぐっと減りました.

はじめはテープでぐるぐるまきにつけたのだけど、少しでもうまくいきそうだったので、きれいにはがして貼り直し.


子どもと二人きりの食事、注意することが増えると息子も不機嫌になり、間に入ってくれる人もいないとなかなか大人も疲れる.

癖になってしまったものを注意して息子に改めてもらうのは難しい.それよりはこちらが動いて、「小言の元」をなくして、出来るだけ穏やかに過ごしたい.

滑り止めのおかげで、驚くほど食事が快適になりました.


過去の#アップライトの投稿はタグからみられます.


\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ