壁付けキッチン/横に食卓

台所の間取りを考えるとき、モデルハウスはアイランド型やペニンシュラ型のキッチンが多くて、壁付けのキッチンは見かけなかった.(8年前のこと、今はどうでしょう?)実家を建てたころはカウンターキッチンが多かったように思います.

だけど、新居の台所は壁付けにしたい!と思っていました.


小学生の頃に住んでいた家は壁付けの台所の横に食卓があって、母は座ったままくるりと後ろを向いてご飯よそったりしていた記憶がある.その後住んだ家はカウンターキッチンだったので、おかわりは台所までテクテク歩いていく必要があった.

記憶にある範囲で思い出すと、独立型2軒、カウンター型2軒、壁付け3軒に住んだことがあるけれど、どれがいいかって言ったら壁付け.台所仕事における歩数が少なくてすむ壁付けがいい.

壁付けの台所の横に食卓を配置すれば、台所と食卓の距離が縮まり配膳など台所仕事は楽に、食卓も作業スペースとして使えるし、ダイニングキッチンをまとめることで床面積の割に台所が広々するはず.

というようなことも、『暮らしが整う家づくり』に書いています

編集者さんが、書籍の誌面の写真をアップして良いと言ってくださったので、お言葉に甘えて誌面を載せております…

台所については一番たくさんページを使って、間取り・建材・設備選び(少ない調理設備と汚れにくい水回り)・匂いと汚れ・ものと収納・家事導線と配置・高さの工夫…と細かく書いています!

台所の高さや配置について『暮らしが整う家づくり』より

壁付けにしておいて良かったと、子どもが生まれてからはさらに実感します.

私の席で振り返ったところに、ご飯なべと味噌汁の鍋と、おかずのタッパー.おかわりがすぐによそえます.

振り返るとこんな感じ

実家の母が、餃子とかお好み焼きの時に何度も席を立つのが大変そう…と思っていたから(母曰く焼き立てをつまみ食いする特権と捉えていたそうですが)、私の席のすぐ後ろにコンロ.追加の焼き加減もみんなと食べながらチェック、焼き立てをサーブできます.

実家の食卓でホットプレートを使うと、ダイニングがにおいや汚れで結構大変なことになったのもあって、換気扇+コンロが食卓の近くにあるといいなと.


子どもスペースに押しやられて、食卓がどんどんシンク側に寄ってきたのだけど、そうしたら座ったままシンク横に食器を下げられるようになり便利.旧居はシンクに器を下げるのが大変で億劫で…

写真の左の椅子が私の席.庭を眺められる特等席!

夫やこどもは私よりも食器棚に近いので、おしぼりやお箸、追加の取り皿やコップなどは自分でとってもらいます.


子どもとご飯を食べるようにってからは、朝食はタッパのおかずをちょこちょこと、ということが増えました.

一通り食べてから、人参をもう少しとか、お味噌汁をもっとちょうだいとか、豆乳のおかわりをくーだーさい!と言われることが多いので、冷蔵庫やコンロやおかわりのおいてあるところから近い席でよかったと思います.

モロヘイヤ・ナス・ピーマンはこどもが育てたもの!

おしぼりが汚れたら、シンクですぐに濯ぐことができるのもとても便利.


『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books