ラップの代わりに、ガラス容器

消耗品を減らす試み.今回はラップ.

売られている食品はプラスチックで梱包されているものが多くてなかなかプラスチックゴミを減らせないけれど、家の中で食品を保存するのにビニール袋やラップを使わない、というのは自分次第で簡単にできそう.

それで、11月からラップをなくせるか試していました.

パックアンドレンジが便利

以前から使っていたパックアンドレンジを駆使することで、かなりラップの使用を減らせました.

離乳食で使っていたのもあって多めに持っていたので、大活躍しています.

『イワキ パックアンドレンジ』

amazon  楽天

パックアンドレンジの蓋はポリプロピレンなので、プラスチックフリーではありませんが、持っているものを有効利用したいし、使い捨てのプラスチックを減らせるし、ポリプロピレンはプラの中では好きなので、使える限りは使いたいと思っています.

短期間の保存に

下ごしらえしておいて調理までおいておく食材など、短期間の保存に使っています.

息子の好物、ブリカツ!

特に生モノは、使い捨てが衛生面で安心で楽だったのでラップをよく使っていましたが、ガラスならスッキリ洗えるし、気になるときは煮沸消毒もできるので、ガラス容器を使うようになりました.

地元の美味しいベーコン!

ちょっと残ったベーコンとかも、ラップのように中身も見えるし、慣れれば衛生的で気持ちよく使えました.

ラップの方がより乾燥を防ぐことができそうですが、短時間の保存なら支障はないように思います.

冷凍保存

冷凍ご飯の保存には、長いことラップを使っていました.産後はおかずなどもラップを使って冷凍保存していました.

無印良品の整理ケースを使った冷凍庫収納.これはかなりうまくいって、長く続けていました.

今は、おかずはほとんど冷凍することはなく、ご飯は1食分くらい冷凍していることが多いので、パックアンドレンジに入れて冷凍しています.

うちの冷凍庫に隙間なく入る!

そのまま電子レンジも使えるので便利です.

トマトソース(ピザトーストなどに使う)やとろろ芋が余ったときも、小さなパックアンドレンジに入れて冷凍しています.

おかずや作り置き

残ったおかずなど、今までは器にラップをしていました.こちらもパックアンドレンジに移すことに.

パックアンドレンジはそのまま食卓に出してもいいくらい見た目が良いので、便利です.

ラップより簡単!

今まで、ラップを使って当たり前だったことも、パックアンドレンジに置き換えてみたらほとんど解決しました.

パックアンドレンジは蓋をするだけなので、ラップを出してかぶせたり、不要になったラップを処分したりするより(くしゃくしゃのラップってかさばります)、楽になったように思います!

ゼロからスタートする場合、初期投資がかかりますが、家族にちょうどいい量が揃うといい感じに回せると思います.


パックアンドレンジで困ること

かさばる

ラップと比べてパックアンドレンジが不便だなと思うところは、かさばるところでしょうか.容器は置いておくのも、保存するにも内容量に関係なく一定の場所をとります.冷蔵庫や収納に余裕があるので今のところ大丈夫.産後の頃のようにたくさん保存しておくにはちょっと場所を取るかも.

一方で、器にラップをかけておくのに比べると、カクカクしてスタッキングできる容器は効率よく冷蔵庫に収まるのがいいなと思います.

形成

ラップを無くして一番困ったのは、おにぎりなどの形成.

すぐに食べるおにぎりは、手を洗って手で握るようになりましたが、お弁当などのおにぎりはちょっと心配で、そういうのはおにぎりにせず、お弁当箱に詰めるようになりました.

おにぎり以外の形成は、ペーパーや布での代替をいろいろ試しているところです.(こちらはまた改めて)

移し替える手間

おかずが余った場合などは、器からパックアンドレンジに詰め替えると、洗い物も増えるし移し替えるのも手間だなと思っていました.

今は、あまりそうなおかずはあらかじめパックアンドレンジに入れるようにしています.

器のまま取っておきたい場合は、蜜蝋ラップをかけています.


洗う手間は、私の場合はあまり気にならず、むしろ汚れたラップがゴミ箱に入っているのが嫌(においなどの元になりそう)だったので、洗いやすく、すっきりするようになりました.

『イワキ パックアンドレンジ』

amazon  楽天

本を読んだときは、ラップの代用はミツロウラップになるかなと思っていたけれど、パックアンドレンジでほぼ解決してしまいました.

ただ、ミツロウラップもかなり使える!と感じているので、次はミツロウラップについて投稿したいと思います!


\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ

37+

この投稿にコメントをする