ミツロウラップをつくる

消耗品を減らしたいと思って使い始めたミツロウラップ.半年使っての感想や、作り方などについて.


ミツロウラップは

ミツロウラップは、布に、溶かした蜜蝋を染み込ませたものです.

ミツロウを染み込ませることで布がコーティングされ水分を弾き、また包んだものが乾燥しすぎないように保存できます.程よく通気があるので野菜などを上手に保存できます.

ピタッと密着、電子レンジ可、匂い移りや酸化を防ぐなどの性能を売りにした樹脂製のラップをイメージするとちょっと勝手や用途が違うかなと思います.

ミツロウラップはというと、樹脂製ラップのように密着はしないし、電子レンジ不可、匂い移りや酸化は防げないだろうし、生モノには使えません.

それでも、プラスチックフリーに食品を包むことができて繰り返し使える、というのはとても大きな利点に感じます.(環境にも健康にも家計にも.)

熱いもの、生モノは包めませんが(そういうものはガラス容器へ)、それ以外の食品を包みたい、蓋をしたい、という用途で使用すると、使い捨てのラップやビニール袋の使用量を抑えることができると思います.


こんな感じで使います

ミツロウでコーティングされた布はハリがありますが、ミツロウは温めると柔らかくなります.ものを包んだり器にかぶせた状態で手で温め、手を離すと冷えてそのままの形を維持します.

器に使うとこんな感じ
器なしで、ミツロウラップだけで包んでも便利

食品を、乾きすぎや、外からの埃・汚れから守るために包む布、という感じかなと思います.

繰り返し使える

一番の利点は繰り返し使えるところだと思います.

ビニールのラップや袋も洗って繰り返し使うことはできますが、洗いにくかったり、乾きにくかったり、干している姿もあまりいいものではありません.

蜜蝋ラップは一枚布なので、洗いやすく乾きやすい.干している姿も気持ちよく、繰り返し使うのが億劫になりません.ビニールを使い捨てする罪悪感もなく、経済的でもあります.


蜜蝋ラップを手作りする

蜜蝋ラップは市販品もいろいろあるので、手始めに購入してみるのもいいと思いますが、消耗品をなくす目的となるとかなり枚数が必要になると思ったので、自分で作ることにしました.

材料

使うのは、布と蜜蝋.

布は蜜蝋ラップを使う趣旨からしてもコットンなどがいいと思います.

蜜蝋は食品添加物グレードの脱臭してあるものを購入しました.

『ビーズワックス食品添加物基準品』

amazon

それから、道具として、クッキングペーパーとアイロンが必要です.

作り方

大きめに切ったクッキングペーパーを二つ折りにしてから広げ、片側に布とミツロウをおきます.

クッキングペーパーを折って閉じ布とミツロウをクッキングペーパーで挟んだ状態で、上からアイロンをかけ、ミツロウを溶かします.

溶ける様子が見えるので、アイロンで広げてなじませる

足りないところにミツロウを足して、満遍なくミツロウを染み込ませます.

こんな感じで蜜蝋は液状になります

火傷しないように端からぺろりと剥がして冷まします.

薄い布なので結構すぐ冷めてかたまります

安全を考えると冷ましてから剥がした方がいいと思うのだけど、バリが出たりするので私は冷める前に剥がしてしまいます.早すぎるとミツロウが垂れるので注意です.

蜜蝋の量、剥がすタイミングや大判のものを作ったりするのに多少のコツがいりますが、何枚か作るうちにつかめて、その後、量産しました!

クッキングペーパーはなんども使えるので、余った蜜蝋と一緒に保管して再利用しています.

蜜蝋だけのミツロウラップ

ミツロウラップの表示をみると、オイルや松ヤニなどが入っているようです.出来るだけ簡単に作りたかったので私は蜜蝋だけで作りました.蜜蝋だけだとミツロウラップがぴったりとくっつく感じはありませんが、サラサラした感触が私は好みです.

ラップをくっつけて包むというよりも、ミツロウを手で温めてものを包み、手を離した時に冷えてかたまり、形状を維持するという感じです.

蜜蝋の量

初めて作るときに加減が難しいのが、蜜蝋の量だと思います.

冷まして仕上がったラップにハリがなくテロンとしてしまうのでは量が少ない印象です.水をかけるとポロポロと弾き、折り曲げたときに形状を維持できるくらいが、私はちょうどいい蜜蝋の量だと思います.

多すぎると蜜蝋のバリができてボロボロ落ちてきたりしますが、蜜蝋が冷める前に剥がしてしまえば、多い分はクッキングペーパーに残ります.(火傷には注意ですが‥)

クッキングペーパーに残った蜜蝋は、次の布で吸い取ってしまえば無駄になりませんでした.

心配なら、はじめはキットを利用してもいいのかなと思います.

『みつろうラップセット』

amazon 楽天

使う人の使い勝手や好みで蜜蝋の量を決められるのも、手作りのいいところかなと思います.


ミツロウラップは手作りがおすすめ

ミツロウラップは市販品もいろいろありますが、つくるのはそんなに大変ではないので、手作りがおすすめです.

使い始めると何枚もあったほうが便利なので、手作りだとコストも抑えられるし、自分好みに作ることができます.

補修できる

ミツロウラップは使っていると写真のように、折り跡が付いてきます.

ワックスペーパーみたいな感じ、これはこれで好きな雰囲気

これは作るときと同じように、クッキングペーパーに挟んでアイロンをかけるとつるんと新品のようになります.そのときに、ミツロウが減っているところには足せば補修もできます.

基本的には市販品も同じように補修できると思いますが、それなら初めから作ってしまってもいいかもしれません.

好みの布を使える

自分で作ったミツロウラップは、好みの布を使えるので、収納している姿もいい.

保管はガラスケースに.(右がミツロウラップ、左は布袋)

乾かしている姿も、使用済みのビニール袋よりずっといい.

袋タイプのモノは広げて、涼しいところで乾かしています

家に余っている布を使えば、新しく購入せずに済むし、より経済的です.私は薄い生成りのコットンを使いました.

うっすら透けると中身がわかって便利です

ちょうどいいサイズにできる

使っているうちに、我が家にとって使い勝手のいいサイズが決まってきたので、そのサイズで作り足しました.

思いがけず使い勝手がいいのは、44cm角の大判のもの.『ミツロウラップで野菜を保存』にも書いた通り、ミツロウラップは野菜の保存に便利なので、大判のもので葉物やネギなどを包んでいます.

22cm角のものは、使いかけの生姜とか、使いかけの野菜を包むのにちょうどいいサイズで、使い勝手がいいです.

あげる前の春巻きにしか見えない

あとは、もう少し小さいものと上記2つの中間のサイズを作って使っています.よく使う器のサイズなどに合わせると便利だと思います.


我が家での用途

野菜の保存

なんども書いてしまいますが‥野菜の保存に一番使っています.→『ミツロウラップで野菜を保存』

ラップではありませんが、ビニール袋の消費を減らせました.はだかのまま売っている野菜も、家に持ち帰ったら洗ってミツロウラップで包めば、いい状態で保管できます.

見た目もいい

色々な形に包めるので、冷蔵庫内を効率的に使えます.

器にラップ

『ラップの代わりに、ガラス容器』にも書いた通り、器にラップをするよりガラス容器に入れたほうが我が家にはしっくりきました.

もともと、我が家の器はほとんど陶器でプラのラップでもくっつきが悪かったので、食器のまま保存するということをあまりしていなかったのもありますが.

基本的にはガラス容器で、どうしてもの時は器にミツロウラップをしています.

軽食入れ

息子にお菓子を渡すとき、以前はビニールのチャック袋などに小分けしていました.数回使ったら捨てていたので、繰り返し使える袋を、ミツロウラップで作ってみました.

息子の好きな重機柄で
一回ぶんだけ入れます

口を折り返すと、こぼれないようにしめることができるので、お出かけの時もここにおやつを入れて持っていくようになりました.

ラミネートされた布のようになるので、息子がもっと小さければお食事エプロンを作りたかった!と思いました!ただ、蜂のミツロウなので、赤ちゃんには使えませんが.

そのほかにも、冷ました焼き菓子などを持ち運ぶのに便利です.


形の工夫

基本的には一枚布が、色々なものの形に合わせて包むことができるし、洗いやすくて衛生的ですが、いくつか変形のものも作ってみました.

一つは、上に載せた息子のおかしいれ.スナックなどのバラバラするものは袋状が使いやすいです.角にクズが入ると面倒なので、角をなくし丸くしました.よく買っていた豆腐屋さんのドーナッツが入るサイズに作りました.

生のきのこがいい状態で保存できます、一応きのこのは専用に

もう一つは、長方形を二つ折りし、一片を縫った形.ハンバーガーが入ってそうな形です.

しめじのようなバラバラするものも入れておけるので便利です.袋状に比べるとこの形は洗ったり乾かしたりしやすく、いくつかあると便利だと思います.


半年使ってみて

作ったばかりの頃は、使い道が定まらず、サイズ選びも難しかったのだけど、使い慣れるととても便利です.

ラップのように、生モノを包んだり、熱々のおにぎりを形成したり、電子レンジにかけたりはできませんが、熱くない食品をいい状態で包んで保つのに、ミツロウラップはとても便利です.

簡単に作れて、見た目が良く、繰り返し使え、経済的.

完全なラップの代替にはなりませんが、ガラス容器などを併用しながら、使い捨てのラップやビニール袋の代替として、これからも用途を広げていきたいと思います!

『ビーズワックス食品添加物基準品』

amazon

下のタグから関連する投稿もぜひご覧ください


「こういう投稿をまたみたい」というものがあれば、下の ボタンを押してください
こちらのページからご意見もお聞かせください
いずれも今後の投稿の参考にさせていただきます.

54+

ミツロウラップをつくる」への8件のフィードバック

  1. ミツロウラップに一目惚れ?し、作ってみようと蜜蝋を買っていました。ayakoさんの素敵な使い方をみて、ますますその思いが強くなりました…!!目に入る姿がなんとも心地良いですね!
    布端は切りっぱなしで大丈夫そうですか?
    袋状のものは、ミツロウラップに加工してからミシンで縫っておられますか?針がベタベタしたりして大変なのかな… ?
    教えていただけたら嬉しいです!

    1. mocomochanさん
      お返事遅くなってごめんなさい!
      はい!ミツロウラップ、自分で気に入った色柄で作れるのがいいですよね!
      端は切りっぱなしでも解けてきません.ロックや端処理はないほうが衛生的かなと感じています!
      袋状のものは、ミツロウ→ミシン、ミシン→ミツロウ、どっちもやってみましたが、どちらでも大丈夫そうです!
      ミツロウが先だとミシンがけのときに多少抵抗を感じます、ミシンのパワーにもよるかもしれません!それから、松ヤニなどベタつくものが混ざっているとまた違うかと思います!
      私は、先に縫ってしまってからミツロウをつける方法が気に入っています.この辺りについてはまた投稿しようと思って写真を撮ってあるので、詳しく投稿しますね

  2. ミツロウラップ気になっていたのでとても参考になりました!
    お子さんのおやつ入れに使った布は晒しや付近くらいの厚さのものでしょうか?
    おやつは鞄の中で割れてしまいませんか?
    子供の袋菓子のプラゴミが嵩張り、どうにか出来ないかなぁと思っていたところだったので真似したいです◎
    中に入れるおやつもプラ包装でない物を購入されていますか?

    お時間ある時にお答え頂ければ嬉しいです。

    1. kaedeさん
      おやつ入れの重機の布はポプリンです!オックスフォードよりちょっと薄手な感じです!
      カバンの中でぎゅうぎゅうにすればスナックは割れると思います!息子は中身が分かっているので、そーっとリュックに入れてます笑 あとは、車移動の時に渡したりしています!
      中に入れるおやつは、市販のものはプラ梱包です!プラ梱包は正直、今の我が家の暮らしでは無くせないと思っていますので、そこまで徹底はしていません!ただ、小分けにするのに新たな袋を使わないとか、そう言うところでできることはあるかなと思っています!
      息子は煮干しも大好きなのですが、こちらは瓶に小分けして持ち歩いていて、潰れないし、洗って繰り返し使えるので、おやつ入れには瓶もおすすめです

    2. こんにちは。
      ミツロウラップ、気になっていたので投稿を見て早速作ってみたいと思いました!
      質問なんですが、お菓子入れやきのこ入れにしているタイプは縫ってからミツロウコーティングしているんですか?
      その場合、縫代の処理や重なっているところのロウはどうなっていますか??

      1. あきえさん
        お菓子入れやきのこ入れにしているものは縫ってからミツロウをつけています!
        ミツロウラップにしてから縫うこともできましたが(松ヤニなどを混ぜるとベタつくかもしれません、また、ちょっと摩擦を生じるのでミシンによっては負荷がかかるかもしれません)、いくつか作ってみて私は後からミツロウをつける方がいいかなと思っています!
        縫い代は切りっぱなしのまま外表で縫い合わせる方が使い勝手がいいように感じます.(写真のお菓子入れははじめに作ったもので中表にしましたがその後は外表で作っています)
        今度投稿しようと思って写真を撮ってあるので、またご覧いただければと思います

  3. ミツロウラップ知りませんでした!いいですね〜
    洗う時はどうしているのですか?
    されているお手入れ方法を教えてください。

    1. スーさん
      ミツロウラップ、いいですよね!
      洗うときは、熱いお湯を使うとミツロウが溶けてしまうので(と言っても融点は60度くらいのようですが、フニャっとします)お水と洗剤で洗います!ミツロウがしっかりしみこんでいれば水は染み込まず、プラスチックのようにボロボロボローっと弾くので、絞る必要もなく、そのまま置いておけばすぐ乾きますし、水分を拭き取ってもいいと思います!
      私はベタベタした食べ物などが直接触れないように使っているので、さっと洗うだけですむので、お手入れはとても楽です!ビニール袋などに比べて一枚布なのですぐ乾きます!
      新しいものを作るタイミングで、よれっとしているものも一緒に、補修(本文にあるような)しているので、使って半年時点では廃棄は出ておらず、きれいに使えています!

コメントを残す

ご質問の方は「ご質問の前に」をご一読ください.