パッケージフリーな買い物:セルフレジとレジレスアプリ

去年・今年と、最寄りのスーパーでセルフレジとレジレスアプリが次々と導入されました.

いいところや課題もあると思いますが…個人的にはパッケージフリーに近づくためにありがたいシステムでした.


スーパーでは、レジでお魚やお肉のパック、梱包なしの野菜などをビニール袋に入れてくれることが多い.

他のことに気を取られていると、つい断りそびれてしまうこともあって、そういうビニール袋は保管しておいて何かのときに使うことにしていたのだけれど、台所にたまりがち.

セルフレジを使う機会が増えてからは、そもそも自分で入れなければいいだけなので、ビニール袋がたまることがなくなった.


ただ梱包なしの野菜については、セルフレジの場合でも一度共有の買い物カゴに入れる必要があったのがちょっと気になっていた.買い物カゴは床置きする方がいるから、ちょっとパッケージフリーの野菜をビニールなしで入れるのに抵抗があったりもして…

海外ではメッシュバッグに入れたりするようで、洗濯ネットとして自作したものが我が家にもありますが、会計前にこれに入れるわけにはいかないし…


それがレジレスアプリで買い物をする場合、ダイレクトに自分のマイバスケットに商品を入れることができる!と知り、近所で導入されてすぐ、レジレスアプリをダウンロードしました.

スーパーでの買い物.まだまだ完全にパッケージフリーは難しいけれど、野菜はできるだけ梱包されていないものを選ぶことで、ゴミが減ったなと思います.


野菜は丸のまま買う

キャベツや白菜、大根など、パッケージフリーの野菜は丸のまま売っていることが多い.

ゼロウェイストホームを読んでからは出来るだけ丸のままで買うようにしています.

#ミツロウラップ は野菜を包むのに良い

冷蔵庫に入れる場合は洗ってから#ミツロウラップにくるんで.

これはいただきもの

白菜は、大きいままでは冷蔵庫に入らないので…

台所にどーんと.外葉からとって食べれば冷蔵庫に入れなくてもなんとかなっている.(室温が低いのかも?)


使っているマイバスケットはこちら.茶色のものを使っています.

『買い物バスケット』

楽天