ステンレスシンクを拭く布巾

一つ前の投稿に書いた通り、シンクの流しの中は水分を拭きあげていません.洗って流せばきれいになるし、水もはけてそれなりにきれい.気になるところはゴムべらで水切り.

一方、ワークトップの部分は毎回拭いています.

本を書きながら、布巾もいろいろ変化があったなと思ったので、ワークトップの水分を拭き取る布巾について、まとめてみようと思います.


蚊帳の布巾

結婚して5年くらいはずっと白雪布巾でした.たしか伊藤まさこさんが紹介されていたのだったか.水跡を残さずにきれいに拭き取れます.

『白雪ふきん麻入り』

amazon 楽天

この家にきてからも、岡井麻布商店のを使っていました.(夫が出張で奈良に行くことが多くて.出張土産は地味にあたりが多かったな……)

こちらは、しまってあった岡井麻布

蚊帳布巾はきれいに水分を拭き取れるのがいいのだけど、長く使って繊維がきれてしまうとそこからほころびてしまうので、キツくしぼりすぎないようにしていた.

繊維で汚れを掻き取るような感覚があって、擦って汚れを落とす力もあると思う.


セルロース布巾

セルロース布巾は、かりっと乾くのがいい.使う前に濡らして絞ると拭き残しもなく、一点で干してもくたっとならず広がっているのもいいところ.

乾くとよれっとするのがあまり好みではないなと昔は思っていたけれど、最近は慣れた.あと、昔のは使いはじめにおいが気になったのだけど、最近のはそれもない.

かわいいものが多い

何よりいいなと思うのは、穴あけパンチで穴を開けると、ひっかけられるところ.(ループを縫い付けたり、ピンチで挟んだりしなくていい!)

『スポンジワイプ ムーミン』

amazon 楽天

漂白すると痛みが早くなるので(特に塩素系は絶対だめ)、汚れていないところの水分拭き取り用にはとてもいいと思う.

汚れを擦り取る感じはない.撫でる感じ.


セルローススポンジ

息子が小さくてバタバタしていた頃、とても良かったのがセルローススポンジ.

シンクの上の水分を、スポンジ片手にざっざっと流しに落として拭きとり、片手でぎゅっと絞って、そのまま立てて置いておけばカリカリに乾いてくれるので、とっても助かった.

これもまだ残りがあった

やっぱり漂白で痛んでしまうし、汚れを掻き取るような感じはないけれど、水分を拭き取るのにはとても良かった.

最終的には、食器洗いと兼用になっていたので、台所のアイテム数を減らせたのも良かった.

『セルローススポンジ』

amazon 楽天

分厚い分、乾きは他に比べ遅いけれど、自立するのがいい.そして安価.

だけど、劣化するのが早かったので、息子のお世話が楽になってきてからは、食器洗いは薄い麻の布きれ、台拭きはもちのいいセルロース布巾に戻していた.

たまに、台所に干してあるのは何とご質問いただいていましたが、このセルロース布巾(スポンジワイプ)です!


レーヨンのパイルレンジクロス

ところが、ここのところパイルのクロスがお気に入り.

吸水性はとてもいいし、他のものよりも汚れを掻き取る力があって、水分をとるだけじゃなく、きれいになる.

思いがけず、乾きのはやさもセルロース布巾と変わらないし、コンロ周りの汚れを拭いても、洗えばきれいになる.したがって漂白もしなくてすんでいる.

色もとてもいい!(ネットショップの写真の方が実物に近いです)

欠点をあげるなら、干すときにくたっとなるので、二点で干す必要があるところ(セルロース布巾は一箇所でぶら下げても広がってくれる).

他のものは数年単位で使ったことがあるけれど、こちらはまだ何ヶ月かなので持ちの良さは分からないけれど、多分一番長持ちすると思う.

というのも、これは一割ぐらいポリが入っているから、他の自然素材系のものよりもやっぱり強い感じがする.汚れを落とせる感じも、ポリが入っているからこそかな.

『パイルレンジクロス』

楽天

プラスチックフリー生活を読んだ身としては、ポリは入っていない方がいいと思うのだけど、長持ちすることとか、洗剤を減らせることとかも考慮すれば、9割レーヨンのこの布巾はトータルでバランスがいいのではと思ったりもする.


かなり個人的な評価になるけれど、まとめてみました.

蚊帳布巾セルロース
布巾
セルロース
スポンジ
パイル
レンジクロス
自然素材
持ちの良さ◎?
吸水性
しぼりやすさ
干しやすさ
乾きやすさ
汚れを落とす
雰囲気

汚れを落とす力が強い、という点で、パイルレンジクロスは他の用途を兼ねられるので、へたり具合を観察しつつ、パイルレンジクロスが残りそうな予感.

この話、もうひと投稿続きます.


\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ

15+

この投稿にコメントをする