コンポストの切り返し

2つ目のコンポストが30日を超えたので、切り返しをしました.

中身がごろごろしてきたとき、なかなか温度が上がらないとき、隅々までかき混ぜにくい容器を使っている場合にも、切り返しをするといいと思います!


この日の中はこんな感じ.朝に生ゴミを入れていますが、気にせず.

一度、中身をすべて段ボール箱から出します.

ふるいにかけるとこんな感じ.

だいぶ慣れてきて、野菜くずがものすごく減った(ほぼ食べちゃう)し、入れる時も小さく刻んでいるので、ふるいにかかるくらいごろごろしているのは、骨と卵の殻が主.

魚の骨や軟骨も、かなりやわらかくなっている

魚の骨や海老の殻は引き続き分解してもらうべく戻す.鶏の骨はスジとか軟骨が分解されたところで取り出します.

休憩中

空になった箱もしばし乾かしてから、中身を戻します.このすきに虫が卵をうまないように警戒しつつ.

四角い箱の隅々まで空気を含むように混ぜてはいるものの、たまにこうして出して空気にさらすと、このあとより温度が上がりやすくなるように感じます.

ごろごろしているものが増えると混ぜにくくなるので、この段階で分解が難しそうなものは取り出します.

骨と、分解しなさそうな串.50g分

今使っている2台目のコンポストは、毎日重さの測定と、中に入れるものの写真撮影、30分おきの温度測定をしています.

38日目までで、6048gのゴミ、水4540g、ぬか150g、揚げ油300g、計11038gを入れ、50g分の骨を取り出しました.

ちなみに、コンポスト重量の増加分は1612gです.


横軸が経過日数

グラフの赤い点はその日の最高温度.赤い帯は50℃から60℃の間を示しています.

切り返しの翌日、この2台目のコンポストでは最高の61.2℃まで上がりました.(油の影響もかなり大きいのですが…切り返しの後、油入れなきゃ良かった)


ゴミ捨ての頻度

今は、月2回くらいのペースでゴミ出ししています.

ゴールデンウィークも全くゴミのことは気にならないのがありがたい.連休明けはゴミの回収も大変そうだから、次は5月の半ばすぎに出そうかな.

もう少しためようかどうしようか迷うところ.この辺りの話はまた改めて.


\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ

5+

この投稿にコメントをする