カゴと布の段ボールのコンポスト

庭の土に埋める方法のコンポストは、楽で気に入っていたけれど、ハコの中で完結させてみたい!という気持ちがあったので、今年からハコのコンポストに挑戦中です.

今までブログに書いていた方法は庭がないとできなかったので、ベランダでやってみたいというコメントをいただくこともあって.今回の方法であれば、ベランダでもはじめやすいと思います.

春先がはじめどき?

1月スタートだったのでなかなか温度が上がらず、スタートがゆっくりでしたが、あたたかくなる前の方が匂いや虫も気にならないと思うので、春めいてきた今くらいの時期が、はじめてスタートするのにはいい時期ではないかなと思います.

ずっと庭のコンポストでしたが、台所から出てすぐのところでこまめに管理できる、小さなハコのコンポストはとても便利.

ハコの中で完結するので、あたたかさやゴミの減り具合などの変化も見えやすいので、子どもも興味深いようで、たくさん質問されつつ、一緒に観察しています.お世話する感覚もあって、とても楽しいです!

この投稿が、はじめようか迷っていたかたのご参考になればうれしいです.



ハコをどうしよう

コンポストにはいろいろあるけれど、よく聞くのは段ボールコンポスト.

段ボール箱のなかに基材(腐葉土やピートモスやもみ殻くん炭など)を入れ、そこに生ゴミを入れて処理する方法です.(例:高知市のページ)

いろいろな自治体が情報を出しています.私も段ボールを基本にして、ちょっと手を加えてみました.

ステンレスのかご

コンポストはどうしても水分が出るから、段ボールだとやぶれたらいやだなと.持ち上げた時に底が抜けたりもしそう.それで、庭で収納に使っていた無印のステンレスカゴを外側に使うことに.

『ステンレスワイヤーバスケット』

無印良品  楽天

これで、持ち運ぶときは持ち手があるし、熟成期間中も積んで置いたりできるし、風通しもいいし、朽ちずに長く使えそうだ.

布の袋

段ボールコンポストは、虫が入らないようにと、コンポストキャップという布カバーを上から被せることが多いようです.Tシャツなど伸縮性のある布で作ると隙間が少なくていいみたい.

私は家にあった麻の端切れを縫いあわせて、写真のような布の袋を作って、その中に段ボールコンポストを入れ、口をクリップでとめることにしました.

虫も入らないといいけれど

見た目の好みと、万が一、段ボールが破けたときに布があれば散らからなくていいかなと思っています.

土台に大谷石

庭づくりで余った大谷石の端っこを下において、通気性をよくしました.底をあげられればなんでもいいと思います.段ボールをそのまま使うときは、底が抜けないように、網状の台にのせるといいようです.


我が家のコンポストはこんな感じです.

外側から、ステンレスのカゴ、布袋、段ボール、そして中に基材です.

中はこんな感じ

基材は、ピートモス(庭木のブルーベリー用に持っていたもの)に、もみ殻くん炭を買ってきて合わせました.はじめは水分がなくカラカラなので、水を入れて湿らせます.

雨に濡れないところに置きます.


コンポストの使い方

毎日かき回して空気を入れ、生ゴミを中に入れ、上を基材で覆って見えなくするだけです.これは庭に野菜くずを埋めていた時と一緒.生ゴミが飛び出ていると痛みます.埋めておけば、いやな感じにはなりません.

数日かけて、生ゴミは小さくなっていきます.わかりやすいものをたまにいれておくと、変化が見えやすい.

スコップは、先が尖っていないものがいいと思います.段ボールのすみまでかき回すことができるし、段ボールを傷つけずにすみます.

生ゴミは水を軽く切っていれますが、水分が少なすぎるとうまく行かないので、程よく湿った状態を維持できるように、生ゴミの水分で調整しています.カラカラになってしまうようであれば、水を入れます.


数日であたたかくなります

かき回して空気を入れ、生ゴミを入れ、程よい水分量を保つこと数日、ほわっと基材があたたかくなってきます.表面に白い菌糸みたいなものが見えることもあります.菌がいる!というのを感じます.

におわないか

土っぽい匂いやコーヒーカスの匂い、油っぽいにおいなど、匂いはすると思います.けれど、近隣に届くような匂いではなく、不快な感じではありません.肉・魚などが多いと匂うことがあるようなので、はじめのうちはそういうものをいれないで、徐々に実験していくといいのではと思います.

虫はこないか

まだ寒いので、虫はこれから.虫がでたらブログにアップします!

段ボールだけだと隙間があって、虫が卵をうみに入ってしまうと思います.Tシャツで作ったキャップや布カバーも、隙間があれば虫は入るだろうなと思う.専用のジッパーバックが、侵入はされにくそう.

それでも、基材に庭土を使えばそこに卵が入っていたり、野菜くずやぬかにも卵がついていることはあると思うので、完全に防ぐのは難しいのかなと思ったり.

動物がこないか

まだ、調理済みのお魚の皮くらいしかいれていないけれど、今後、魚のわたとかをいれたら、やっぱり動物はきそうな気がします.実験しつつブログにも書きたいと思います!


今使っているコンポストを終えて、次のターンに入るときは、もう少し詳しく写真をとったり、量なども測って載せられたらいいなと思っています.

参考になるもの

ネット上に、各自治体の出している情報がたくさんあります.例えば、高知市のページは、最低限のことがまとまっているなと思います.

本はこちらを、図書館で借りて読んでみました.

『やってみませんか ダンボールコンポスト』

amazon 楽天

検索していたら、こんな商品も.はじめてでも安心かも.

福岡市のふるさと納税にもなってました.面白いですね.


今度は、具体的に入れているものや、注意点なども書きたいと思います.