エコバックを作る

スーパーにいく時はマイバスケットを使っているのだけど、バスケットに入りらないこともある.それに、スーパー以外にマイバスケットはあまりなじまい.

『買い物バスケット』

楽天
『暮らしが整う家づくり』の台所の収納のページ、ここがマイバスケット置き場.バスケットに資源ごみをぽいぽいと入れ、買い物の際に持ち出す仕組み.

以前から、布バックでよく使っていたのがこちら.

ビルケンシュトックのショッピングバックの、特にこのタイプがお気に入り.持ち手がヨレヨレしなくて、シワにもなりにくくて、夫と取り合いである.


それで、子どもが赤ちゃんの頃に作ったカバンを、買い物に使うように.(↓子どもが赤ちゃんの頃の写真)

フォグリネンワークのヨハンを参考に作った斜めがけ.マチをつけたり、小さなポケットもつけて使いやすかった.

『フォグリネンワーク ヨハン 斜めがけバッグ』

楽天

このタイプは、空でも斜めがけにしておけば、エプロンしているようなもので気にならないし、バッグをもっているという感覚がない.入れようと思えば結構たっぷり入る.

エコバックとしても使いやすかったので、買い物用に少し改良して、新しいものを作った.


バッグの形

今回は、前のものよりちょっと大きめに.野菜などをたくさん入れるイメージでマチをたっぷりとった.その分、口の方が開いた感じになってしまうから、口をすぼめた台形にしてみた.

幅68cm、上部は左右それぞれ-5cm、縦48cm

すぼめすぎても入れづらいし、広すぎてもだらんとしてしまう.今回はこんなサイズ感で.

紐の部分は、重くても大丈夫なようにしっかり目に、太く.これを適当に作ってしまうと、洗濯のたびにシワを伸ばす手間がかかるので、ここだけは丁寧に作る.

今回も、紐の付け根にポケット

ポケット部分には、予備の袋を入れられるように.

今回、焦げ茶色で作ったのは、我が家の最寄りの食料品店は店員さんがレジでスキャンしながら袋詰めしてくれるので、汚してしまってもお互い気にならない濃い色がいいなと思って.ビニールに食品を入れてくれるのは、多分バッグを汚さない配慮だと思われるので、ビニールを断りやすいように.

ガバッと開きます

もうひとつのよく行くスーパーで顔を覚えてくださっているレジの方は、かごに入りきらなさそうな時は、野菜など軽いものをよけてくれるので、肩にかけたこの袋にほいほいと、自分で入れさせてもらう.ありがたい.


こまごまとしたものを買い回るような時も、これを一つ肩にかけて、ちょこちょこ入れていけばいいので、手はあいたまま、袋も増えなくていい.身につけていると、口が開かず閉じていてくれるのも良い.



\書籍になりました/

『暮らしが整う家づくり』

amazon  楽天Books

 書籍について詳しくはこちらへ

14+

この投稿にコメントをする