たわしをきれいに使いたい

一昨年の冬から、沸かしたお水を水筒に入れて飲むように変えたことで、家族それぞれの水筒と共有の水筒、シンクの物干し場では水筒が場所をとるようになった.

ここは我が家の台所収納の一等地(この話は『暮らしが整う家づくり』でも詳しく書いています).あれもこれもぶら下げたくなるけれど、ぎゅうぎゅうになると不便になってしまう.

そこで見直し対象となったのが、柄付きブラシ.

『ウォッシングブラシ』

楽天

このブラシ、10年くらい買い替えては使っていたと思う.鉄のフライパンを使いはじめた頃、熱々のフライパンがこわくて、安全に洗えるように柄付きのものを使うようになった.

この家に来てからはずっとここにぶら下がっていた.柄にフックがついているので、吊るしてしまえるのも良いところ.だけど、いろいろぶら下げていると、手が当たって落下することが増えた.もう鉄のフライパンにも慣れたし、柄がなくても大丈夫そうだったので、最後の一本を使い終えるのを待って、たわしに.

省スペース

丸くて小さくてかわいいたわし

この時の靴洗いブラシと同じメーカーのもの.

『やさしいたわし まる』

楽天

たわしにしたのは、靴洗いブラシを送料無料にするためでもあったのだけど.小さくて、私の手でも掴みやすいし、フライパンにもフィットしていい感じ.以前のブラシよりも、毛足が短い分へたりにくい印象.

見た目もかわいい

5ヶ月目、まだまだきれい.どれくらい使えるものだろう.


きれいに使うために

ブラシからたわしに変えるにあたりちょっと気になっていたのは、長くきれいに使えるかな、ということ.

使ってみると、水切れはそんなに悪くなく、たまに熱湯消毒したり、日に当てたりして、きれいに使えていると思う.

一番気になっていたのは、細かいクズがたわしの中に入り込んで取れなくなってしまうのではないか、ということ.これは使い方で解決できた.

フライパンの汚れがひどくてゴミが入りこみそうな時は、食器洗いに使っている麻の布で包んで…

ちょうどいい大きさ

そのまま、フライパンをゴシゴシ.

麻の布目からたわしが出てきて擦れます

洗い終わったら、麻の布を外して洗えば、細かいクズがたわしの中に入りこまない.


こんな感じで、もろもろ問題解決.

すっきりしました
布の方もよく乾かして

半年前の台所.インスタグラムをしていると、部屋の定点観測ができて面白い.

同じような写真だななんて思うと更新頻度が落ちるけど、定点観測のつもりでこりずに同じような写真をアップしようと思った次第.