お山に行こう

お休みの朝、息子が「お山に行こう」という.それでお弁当作ってお山へ.


今まではもう少し安全なお山を、坂道を走ったり、根っこをよじ登ったり、葉っぱを集めて遊んでいた息子.

この夏は、冒険っぽさにわくわくできるようになってきたみたい.

お弁当と水筒と本とトイレットペーパーの芯の双眼鏡と…

それで、もう少し野趣あふれるエリアへ.

大きな岩を登って…
きのこ?
滑らないようにそーっと
またきのこ
お魚発見
オニヤンマ!
程よい冒険っぽさ
道を記録
本で調べる
写真に記録

どこで学んだんだってくらい、それっぽい行動.

お弁当食べて…
頼もしい歩調
カブトムシ発見

川もあるから、こわいものなしの小さいうちは来なかったこの辺り.

お水は危ないよとか、お山の生き物は採らないよとか、今年はそういうことを理解できるようになった.

トータル3時間の山歩き.こんなに歩けるようになったんだもんなあ.

こういうところに来ると、「疲れた」とか「やって」なんて言わないし、大人が誘導しなくたって興味のあるものをどんどん見つけて、「あっちに行ってみよう」なんて音頭を取ってずんずん進んでいく.

荷物も計画的.

リュックに詰め込んでいるときに、「お腹が空いたらお弁当と水筒」「虫を見つけたら写真を撮って」「メモできる帳面と筆記用具」「動物が出たら本で調べよう」なんて、きっと頭の中で計画をたてて用意しているんだろう.

たまに立ち止まってはリュックをガサゴソして、あれこれ忙しそうだった.

次回はまた、「今度はこれも持って行こう」とか「入りきらないからこれは置いて行こう」とか、あれこれ考えるんだろうな.


お気に入りのサメリュック.

2才にちょうどいいなと思っていたけど、4才にもちょうどいい.

『サメリュック』

amazon 楽天

息子が持てるちょうどいい量のものが入るし、チェストベルトが付いているのでお山歩きでもずり落ちない.口ががま口みたいになっているので、ぱっくり開いて出し入れしやすいし、チャックも閉めやすい.


「こういう投稿をまたみたい」というものがあれば、下の ボタンを押してください
今後の投稿の参考にさせていただきます.

33+

この投稿にコメントをする