設備・建材・パーツ

Porter’s Paints

質感のある塗装の壁.

ほとんどの壁は白く塗装したけれど、玄関の手洗いとトイレ2つ、土間の一部をカラーの塗装にしました.

使ったのはPorter’s Paints

ポーターズペイント

ポーターズペイントはオーストラリアの塗料.石灰や石英などの骨材が入っていて、質感のある塗装ができます.カラーもすごく豊富です.(カラーカードは、ひとつひとつ塗装してあるとても丁寧なものでした)

雰囲気のある塗装

自然光でも電灯でも、光の陰影でとても雰囲気がでます.ざらっとした石のような風合い、サテン生地のような光沢、重厚間のある錆付いた鉄、ベルベットのような滑らかな雰囲気、いろいろな風合いの塗装ができます.

自分で塗装できる

ポーターズペイントは自分たちで塗装できます.シンナーの臭いがないので、子どもも参加できます.(素人や子どもの塗装によるムラが、また味になります!)ワークショップが開催されてい体験することもできます.

施主施工することでコストダウンになるし、家づくりに参加できるのがいいです.

使ったのは、ストーンペイントコース 和の色 桜鼠

ストーンペイントコース

粗い石英が入っていて、砂壁みたい.刷毛塗りすることでムラがでて、光のあたりかたで雰囲気がでます.

和の色 桜鼠

日本の色で落ち着きます.桜鼠はピンクとベージュとグレーの中間のような色.光の当たり方でも雰囲気が変わります.

木や鉄、真鍮、陶など、私の好きな素材との相性がよく気に入っています.

見本の色を並べて悩みました.

施主施工しました

コストダウンのために、約60㎡を自分たちで塗りました.ストーンペイントコースはシーラー1回とカラーを2回の計3回塗り.仕事の合間を縫ってだったので数日かかりましたが、愛着のある壁になりました.

缶までかっこいい.

石英が沈んでいるので、よく混ぜます.

塗装屋さんのお手本.

休日は夫も参加.

仕事の後に現場によって、夜な夜な塗りました.

どこまで塗るか

4ヶ所に塗ったうち、3ヶ所は壁と天井、一ヶ所は壁のみをカラーにしました.

壁も天井も塗る

基本的には、壁も天井も同じ色で塗りました.空間全体を塗ると、なんだか落ち着く、こもった雰囲気になりました.

壁だけ塗る

壁だけ塗ったのは、玄関横の手洗いの一角.天井は廊下と続きだったので、壁だけを塗ることにしました.

白とカラーの切り替え

うちの場合、トイレは空間丸ごと一色で塗装しましたが、手洗いと土間は他の空間と続きだったため、どこまで塗るかですこし悩みました.

ところで、一般的にアクセントクロスというと、入り隅から入り隅の壁を塗ることが多いと思います.そうすると、白い壁とカラーの壁のコントラストがよりはっきりするように感じます.

一方で、うちでは色の切り替えを出隅でしました.そうすることで、白い壁とカラーの壁のコントラストがあまり目立たなくなるように感じました.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)