モノ

鉄のフライパン

鍋について投稿したら、ご質問がいくつかあったので、フライパンのことも.
 

テフロンを使っていたけど

結婚したばかりの頃、IKEAのフライパンを気に入って使っていました.
とにかく軽くて、テフロン加工だからくっつかず、安くて、見た目もよく、とても気に入っていました.(同じ物は今は無いようです.)
ところが、テフロンのフライパンは結構すぐにダメになる.安いからIKEAにいけば買っていたけど、捨てるたびに罪悪感が‥

それで思い切って、鉄のフライパンを購入したのでした.

手入れが面倒?

鉄のフライパンのいいところは、手入れさえすれば長く使えるところ.
毎回綺麗にしてしっかり乾燥させておけばいいだけ、そんなに大変では無いけど、テフロンのように濡れたままで置きっ放したりはできないので(錆びる)、そのくらいの手間は大丈夫という方向けと思います.

くっつく?

使う前は、テフロンじゃない鉄のフライパンはくっつくんじゃないかと心配だったけど、使って馴染んだフライパンは、少量の油を引き、しっかり熱してから使えばくっつきません.
慣れるまでは焦がしたりくっついたりしますが、使い慣れれば特にストレスなく使えると思います.

重い

鉄のフライパンは重い物が多いと思います.特にうちで使っている物はスキレットなので重い.
フライパンって片手でふって混ぜるイメージがありますが、重いフライパンを使っていればゆすらずにヘラで混ぜたりするもので、今は不便は感じません.
でも、年をとって体力が衰えてきたら、洗ったりするのに重いと不便だろうなと思うので、そういう点では一生物では無いかも‥

温度が下がらない

鉄のフライパンのいいところも.
重いということはその分しっかり熱を蓄えるので、素材をいれても温度が下がりにくい印象です.美味しく料理できるというのはそういうところなんだろうと思います.目玉焼きを焼いてもカリッカリになるし、お肉も美味しく焼けると思います.

揚げ物も

揚げ物をするのも鉄のフライパン.温度が下がりにくいというのは揚げ物でも力を発揮していると思います.揚げ物の頻度はそう高くないから、揚鍋を持たずにすむのはいい.

すぐに洗う習慣

鉄のフライパンは、熱々のうちにジューッと洗うとするりときれいになります.洗うときは熱してからなので、料理を終えたら、食べ始める前に洗ってしまうのが習慣になります.
昔は使ったフライパン、とりあえずシンクにいれておいたけど、そうすると場所もとるし満腹になってからの鍋洗いは億劫になるので、作ったら食べる前に洗う習慣のつく鉄のフライパンはとてもいいです.

鍋つかみと柄つきブラシが必須

うちの鉄のフライパンは持ち手が本体と同じ鋳物なので、鍋つかみが必須.
それから、熱々の鍋をジューッと洗うのに、柄付きブラシも必須です!(ブラシの記事はこちら

ロッジロジック スキレット

うちで使っているのはこちら.

ロッジロジック スキレット
amazon  楽天

鉄のフライパンにしてはお手頃な値段.
購入する前はタークがかっこいいなあと思っていたのだけど、かっこよすぎてうちには合わないかなあと‥
結果的にはロッジで大満足です.タークのようなおしゃれさには欠けますが‥しっかりとした道具!と言う雰囲気が好きです.
その後、「魔法のフライパン」と言うのも流行って少し気になったこともありましたが、結局はロッジ一本でかれこれ何年も暮らしています.

継ぎ目が無いデザインは洗いやすいし、シーズニング済みで届くので、鉄のフライパン初心者でもとっつきやすいです.

深さがあるので揚げ物もできるし、柄も短めなのでそのままオーブンにも入る.蓋もものすごく重いので、圧がかかり煮込み料理なんかをしてもいいと思います!

2つのサイズ

ロッジを買うにあたって悩むのはサイズ.
うちは、9インチと10 1/4インチの2サイズを持っています.

使うのはもっぱら9インチ.目玉焼きも余裕で3つ焼けるので、二人暮らしでひとつ持つなら9インチがオススメです.他にフライパンがあるのなら、もう少し小さいサイズでもいいかも.
うちは普段使いのフライパンはこの9インチのみです.

9インチでも片手で持てるぎりぎりの重さなので、10 1/4インチは両手じゃないと無理(そのための補助の持ち手もついている).
10 1/4インチはうちではイベント用というか、餃子をたくさん焼いたり、すき焼きしたり、そういう特別なとき用です.とにかく重いんだけど、食卓にそのまま出せるデザインが気に入っています.

蓋のこと

ロッジは蓋と本体が別売りで、同じくらいの値段!
蓋もしっかり重い.それが圧をかけ料理を美味しくします.だけど、ふだん使いにはちょっと重いし、ガラスのほうが中が見えるんだよな‥

ということで、うちでは、9インチは鋳物の蓋は買いませんでした.
偶然にも圧力鍋のガラス蓋がぴったりだったので、それを使っています.蓋を兼用できると物が減らせてとてもいい!

一方で、蓋のよさも実感してみたかったのと、大きなサイズは兼用できる蓋を持っていなかったので、10 1/4インチは蓋も購入しました.

まとめ

鉄のフライパンは、使う前は使いこなせるかとても心配だったけど、慣れてしまえば不便はありません.

料理は美味しくできるし、そのまま食卓に出せるデザイン、すぐに洗う癖が付くし、揚鍋としてやオーブンにも使える.何より、フライパンを消耗品にしなくて済むのはとてもいいです.

鉄のフライパンが気になっている方、まずはお手頃なロッジで始めてみるといいかもしれません.

追記

揚げ物の油ハネについてご質問があったので.

うちは揚げ物をするときは、奥のコンロを使い、手前にIKEAの網の蓋を使っています.

本当は蓋として使うのだと思いますが、うちはコンロの五徳に立てかけています!
これがあると、揚げ物が爆発しても(!)自分にハネてくるのを防げるので、汚れ防止だけでなく安全確保に使えます!


この写真で揚鍋に使っているのは鉄の小さなスキレットです.
左でそばを茹で、奥でつゆをつくり、右奥で少しだけ天婦羅.4口のコンロをフル稼働することも増えてきました.

ワークトップは木だけど油ハネは気にしなくても大丈夫で、後で拭けば気になりません.むしろオイルの補給になっているような‥
床は気になるけど、揚げ物の頻度が少ないので、その都度拭けばいいかなと思っています.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.
メールアドレスは任意です.(コメント欄でお返事できない場合、メールをさせていただくことがあります.)アドレスが公開されることはありません.
URLを書き込んだコメントはスパムとして処理しています.
本名などの個人情報は書き込まないでくださいね