気持ちよく暮らす習慣

繕うから大丈夫

学生時代、奮発して買った器を割ってしまったのがきっかけで金継ぎをはじめました.
おかげで器を欠いてしまったら、あららという顔はするけれど、どんな欠け方したかなと、すこし楽しみでもあります.

普通は元あった形に戻すのを良しとするけれど、金継ぎの直し方は割れの景色を楽しむ.元より良くなるから、割れてもがっかりしないですみます.

繕うと新しい価値が付いて、うれしく治せるから、家族にもどんどん使ってもらえます.

写真左はちょうど6年前に直した器.金を蒔くのもいいけれど、漆そのままの素朴な感じが好みです.右は最近夫が落としたもの.こっちは金が映えそうで治すのが楽しみです.

View in Instagram ⇒


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)