台所仕事

週一の漂白

息子が保育所に入って、毎日水筒でお茶を持っていくようになったので、週に一度漂白することにしました.

それ以外にも漂白する機会が増え、週に一度以上は使う漂白剤.

以前は、漂白剤は重曹と同じ小さな容器に入れていましたが、コマメな詰め替えもしていられないし、ツボにどっさりいれて台所に常備.

重曹は以前の容器のまま.使いやすくておすすめです.

2015年10月16日の投稿

『漂白剤と重曹入れ』

ざるや鍋など、順番に入れ物にして、ピーラーなんかもいっしょに、気になるものを漂白.

プラスチックやシリコンのものは、漂白するとすっきりします.

洗った水筒など、しっかり乾かしたいし、翌朝に取り出しやすくしておきたいので、水切りカゴに入れず、シンクの上の棚で水切りしています.

このスペース、水が垂れてもシンクに落ちるので気にならないので便利で.
ワークトップを拭いた後からでてきた洗い物も、ここで水切りすれば、再度落ちた水を拭く作業が省ける.

食器カゴの右に以前はボウルを置いていたのだけど、それらを移動して、その分、この水切りスペースを広げました.

こんな感じで、息子の台所道具のような細々したものをざるに入れて水切りしたり.

まな板もここで水切り.

小さい子がいる分、後から洗い物が出てきたり、予定通りにいかないことも多いけど、それに対応できる台所にしていったら、便利になってきました.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.