庭作り雑感

芝庭の是非

庭といえば芝というイメージがあります.

どうして芝庭にしなかったの?というご質問をいただいたので、芝について考えたこと.

芝のいいところ

きれいな芝生の公園に行くと気持ちよくて、ピクニックしたり寝転びたくなります.
お家の庭がこんなだったらいいなと思います.

芝のいい所は、見た目がきれいだし、土がつかないし、夏はちょっと涼しく感じます.

実家の庭は芝で、母はものすごーーーく几帳面なので、定規で引いたような輪郭の、手入れされた芝庭です.


↑公園の芝で歩く練習する去年の息子

芝はたいへん?

でもきれいな芝庭は手入れが必要.

芝は芝刈りを定期的にする必要があるし(TM9など伸びがゆっくりな品種はある)、雑草は抜かないといけないし、他にも水撒きやエアレーションなど、きれいに維持しようとすると手間がかかる.

手入れが好きな人はいいと思うのだけど、うちの場合そこまで手をかけられるか‥面積も広いしなと.(実家は狭い範囲をきれいに維持している)

プロに聞いてみた

庭を作るときに意見を聞いた人たちが、口を揃えて芝はやめたらといいました.
芝から生えた雑草は抜きにくく、でも抜かないと雑草に負けてしまう.

芝は手間がかかるし、管理が大変だから芝庭をやめたいとなったときには素人には無理、重機を使って掘らないとすぐに復活すると.(話を聞いたプロの人たちは、芝庭をギブアップして撤去依頼されることが多かった様子)


↑去年の夏、実験的に貼った芝
 

どれくらい芝が好きか

以上の話を考えると、芝をすすめない人が言いたいことは、芝庭がよくないということではなく‥

とりあえず「庭といえば芝かな」くらいのイメージで決めるのはお勧めできない.
きれいな芝庭にはお手入れが必要だということをあらかじめ知っておくべき.
それでも芝がいい、芝の手入れを楽しみたいという人が芝庭を選択すべきということかなと.

では自分たちは‥となると、芝庭いいなとは思うけど、そこまでではないのかも‥

あとは好み?

芝庭って、きれいな絨毯みたいだと思います.

でも、目指しているのはもう少し雑多な感じの庭.
木もいろいろな雑木が混ざっていて、地面はもう少し自然というかきれいすぎないほうが好みかも‥草むらとか原っぱとかそういう感じ.
芝できれいに整えた庭より、在来のその土地の植物がしっくりくるなと.(とはいえ外来種は強いけど‥)

これは好みで、インテリアと同じくどんなテイストが好きかどうかだし、良い悪いではないと思います.

ただうちは、「雑木の庭」「雑草の庭」という感じが好みだったのできれいな芝庭を選びませんでした.


 

機能性がある

紆余曲折を経て(草ぼうぼう→手で完全に除草→芝?イワダレソウ?→)雑草の庭となった我が家ですが、どうしても雑草に負けてしまう場所があり、その部分に去年実験的に芝を貼りました.

境目はこんな感じ.

やっぱり、芝があるほうが雑草は生えにくくなる.それに、土壌流出を防ぐためにも芝は田んぼの畦や土手などに貼られます.
そういう意味で、機能性を求めて芝を貼るという選択はありだと思いました.(その場合、美しさは重要ではないので手入れもそこそこで済む.)

この場合、美しい芝庭のように短く刈り込むのではなく、少し長めに刈ることで地面に日が当たりにくくなり、他の雑草を抑制するそうです.

入れ替わるまでのグラウンドカバー

『雑草と楽しむ庭づくり』によると、最近欧米ではコスト(手間や水)のかかる芝をやめて在来の雑草でグリーンカーペットにする人が増えているとのこと.

うちもそのほうが考え方も見た目もしっくりくる.

ただ、更地での引き渡し後、土をむき出しにしておくと、ぬかるんだり、土が飛んだり、雑草でひどいことになったりします.
雑草の庭(草むら・原っぱ)を目指すとしても、そのままでは利便性が悪い.

それで、はじめは芝を貼って、生えてくる雑草の中から好みのものを残しながら、少しずつ入れ替えていくというのもよさそうです.

雑草のひとつとしての芝

雑草の庭の話、個々の雑草の話はまた改めて書きたいと思いますが‥

うちでは芝も、雑草の一つとして位置付けています.
芝は、購入した高麗芝もいるし、もともと土地にいた野芝もいます.どちらも、他の雑草と共生しつついい感じにグラウンドカバーになってくれたらいいなと思っています.

結局は、何が好きか、どこまでコスト(手間やお金)をかけられるかでしょうか‥

個人的には、きれいな芝庭の(そしてその世話をしてくれる家人のいる笑)お家、うらやましいです!
 
 


雑草との付き合い方に困っている方は、『雑草と楽しむ庭づくり』がおすすめです!

芝にしたいけど手入れが大変という方はTM9のような伸びがゆっくりな(芝刈りの頻度を減らせる)芝もありますよ!

芝にこだわらないなら、リピア(ヒメイワダレソウ)クラピアも選択肢に入れてはと思います.
(リッピア・クラピアについてはまた改めて.)

ただ、芝もリッピア・クラピアも、撤去は大変なようです.


Related Post & Tag

 

広告

3 Comments

  1. お庭の記事楽しみにしていましたー
    うちはクラピアやリピアを植えるつもりでいましたが、繁殖力が強い=撤去も大変ということですねえ。
    雑草の庭ステキですよね。あまりにもボサボサだといけない気がしますが、適度に手を入れつつその季節、その土地の草花も楽しみたいです。いつもいろいろなヒントを与えていただいてありがとうございます❗
    これからもすべての記事楽しみにしていますね~
    なかなか決められなくて、私も投票出来ず仕舞いでした。

    1. こんにちは!
      芝にこだわりがなければ、クラピアやリピアはおすすめですよー!
      うちもリッピアは植えてますが、かわいいですし、上には伸びないしいいですよ!雑草の庭の一員としてかなり馴染みます!
      リッピアについてはまた書きたいと思いますが、やはり広がりすぎるとか、辞めるときにたいへんというのは分かった上で植えるのが良さそうです.
      すべての記事楽しみと言っていただきうれしいです!
      やはり、庭と息子は待った無しで変わっていくのでどうしても偏りますが、満遍なく投稿するのが理想なので!
      庭の投稿も読んでくれる方がいるとうれしいです!いつもありがとうございます!

  2. いつもお忙しい中丁寧なコメントいただいてこちらもとてもうれしいです。
    かわいい息子さんのお姿やステキなお庭やおうち、手作りのおもちゃやもの選びどれもayakoさんのセンスがいつもキラリと光っていて、本当に楽しみにしています。
    庭はなかなか現実世界でお話できる人もいなくて。
    おすすめの本を参考に勉強してみます。
    リピアの記事も楽しみにしていますね~

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)