考えたこと

脱衣室は必要か?

洗面室と兼ねることの多い脱衣室.
贅沢だと思うけど、うちは洗面室とは別につくりました.

たった1畳ほどのスペースだけど、作ってよかった部屋.

脱衣室と洗面室

うちにおける、脱衣室と洗面室の役割を下にあげます.

脱衣室

・入浴の際の服の脱着スペース.
・洗濯機を置き、ハンガーにかけ、さらに乾燥させるスペース.

洗面室

・タオルや下着類の収納スペース.
・アイロンや洗濯物たたみなどの家事スペース.
・洗面やドラーヤーなどの身支度スペース.
・洗剤などの収納スペース.

分けた理由といいところ

洗面室をすっきりさせたい

洗面室は基本的に、家族のためのプライベートなスペースなのだけど(うちはトイレや玄関に手洗いを設置してあるので)、それでも人が入ってくることはある.でも、生活感の溢れたよその家の洗面室に入るのって私はちょっと申し訳ない気持ちになる.
洗面室から洗濯機や洗濯物を出してシンクと鏡に棚だけを残すと、生活感が少し減って、すっきりした雰囲気になる.これって毎日使う私たちにとっても気持ちがいい.

ほこりと湿気を閉じ込めたい

洗濯機や洗濯干しスペースを脱衣室に分けるというのは、単に見た目だけではなくて.
洗濯物を干す、乾燥させるというのは、想像以上にほこりが発生します.このほこりをできるだけ狭い空間に閉じ込めて、他のスペースに広がらないようにし、掃除を楽にしたいと考えました.
湿気も同じく脱衣室に閉じ込めて、除湿機をかけ効率的に除湿したいと思っていました.

洗濯の動線をよくしたい

ここに越す前の家では、衣類を洗濯したり(洗面所)干したり(ベランダ)たたんだり(寝室)アイロンかけたり(居間)収納したり(クローゼット)を、家中のあちこちでしていたので効率が悪かった.
それで、この家では最短の動線でできるように考えました(長くなるので後日).脱いだ服を洗濯し干す所までを脱衣室で、たたんでアイロンをかけ収納するのを洗面室でできるようにして、動線もすっきり、無駄がなくなりました.

脱衣室というより洗濯室

以前の家は室内干しスペースがなく、ドアの上に引っ掛けていたので、その下をくぐって移動するのがとてもストレスで、この家では室内干しをしていてもストレスなく生活できるようにしたいと考えていました.
脱衣室には物干しが張り巡らせてあり、脱衣室というより洗濯室です.(浴室乾燥機や洗濯乾燥機の導入で解決することもできますが、どちらも予定がなかったので.)
干しっぱなしでも戸を締めればすっきり.

ロックがかかり、同時に使える

当時は子どものことなんてあまり考えていなかったけど、年頃の娘がいたり、そうでなくても来客時に脱衣室が別にあってロックがかかれば使う人は安心だし、同時に洗面室を使いやすいと思います.
私は狭い脱衣室が落ち着くし(広い部屋で服を脱ぐのは落ち着かない‥)、今は子どもが侵入してくるのを防ぐのも大事です(週末くらいゆっくり一人で入りたい).

こんな感じで、浴室と洗面室の間に小さな脱衣室をつくりました.

この後は、設置した棚や物干しのこと、洗濯の動線のことなど、脱衣室と洗面室について続けたいと思います.

参考書籍

『住まいの解剖図鑑』

この本にもこの手の話が書いてあって、うちはP.90でいうところの「ロイヤルストレート」.
贅沢かもしれないけれど、他を削ってでもやってよかったと思っています.
 
 


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)