家と家事 暮らしから考える間取り

脱衣室と、洗濯物にまつわる家事動線

我が家の洗濯は、脱衣室でほぼ完結します.
そのほかのことも、隣接する洗面室や服の部屋ですませられます.
 
 
『脱衣室は必要か?』に書いた通り、旧居では、衣類を洗濯したり(洗面所)干したり(ベランダ)たたんだり(寝室)アイロンかけたり(居間)収納したり(寝室のクローゼット)を、家中のあちこちでしていたので効率が悪かった.

また、室内干しスペースがなくドアの上に引っ掛けていたので、その下をくぐって移動するのがとてもストレスでした.

それから、『ホコリのない家作り』に書いた通り、ホコリの大きな発生源は洗濯物なので隔離したい.(できれば湿気も)

ということで、贅沢と思いつつ、ささやかな脱衣室(洗濯室)をつくりました.

我が家の脱衣室(洗濯室)

図のように、浴室と洗面室の間にある小さな脱衣室.

お風呂の時は扉を閉めて、脱いだ物はそのまま洗濯機へ.

洗濯したら、かけっぱなしのハンガーやピンチにどんどん干していき、締め切ってサーキュレーターと除湿機を付けて乾燥.

狭いのでサーキュレーターも除湿機もよく効きます.


晴れた日はデッキに洗濯物を移動、図の通り距離も離れていないので楽.

洗濯・収納を簡単に

洗濯ものを畳まない

忙しい時は、夜に洗濯し、部屋干しです.

干した物は畳まず日中はそのまま、夜、お風呂から出たら物干しから外しながら身につけていきます.

毎日洗濯するので(二日分ためると逆に面倒だと感じる)、これでまわせば洗濯物をたたむ手間が無くなります.

干しっぱなしでも全く邪魔にならない場所なのでストレスになりません.

肌着とタオルは洗面室に収納

お風呂あがりに必要な肌着やタオルは、洗面室の棚にしまっています.

脱衣室で洗濯バサミから外したら、畳みながら歩いて洗面の収納に入れることが多いです.
量が多い時は、カウンターにばさっと取り込み、畳みながら真上の収納に入れていきます.

アイロンがけは洗面室

洗面室のカウンターは、アイロンがけにも使います.

写真は昔のものなので物が多い‥
アイロンがけについてはこちらにも

服だけは、服の部屋へ

下着やタオルなどをのぞいた外出時に着替える服だけは、奥の服の部屋に.

基本的にはハンガーにかけたままです.

洗濯物にまつわる家事動線

こんな感じで、設計段階からかなり考えた我が家の洗濯物にまつわる家事動線.

旧居では本当に不便でストレスでしたが、今は苦になりません.
洗濯は毎日のことなので、少しでも楽なこと、忙しくても破綻しない仕組みがとても重要だと思います.

うちで唯一窓のない洗面室は、洗濯動線のセンター.
だけど、すっきりとして気持ちのいい部屋になりました.


写真左が洗面室、右奥が浴室です.(棚は子どもが生まれてからすっからかんです.)

脱衣室は狭いけど、狭さが逆に機能的(除湿の効率が良く、閉じ込めたホコリも掃除しやすい暖房の効率も良い).

洗濯機はデザインより値段と機能で選びたい、忙しいと日中洗濯物干しっぱなしの我が家なので、脱衣室は洗面室と分け、機能に徹したのがよかったと思います.

次回は、具体的に設置してあるものをまとめます.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.