簡単・七輪で庭ごはん

炭で料理した野菜は美味しい!だけど、炭はなかなか面倒‥と思っていたのだけど、七輪のおかげで敷居がぐっと下がった.


大人になってバーベキューしてみたいなと思い立った頃は何をどうしていいかわからずでしたが、今はすぐに火熾しして気軽に楽しめるようになりましたので、うちの庭ごはんの仕方を書いてみようと思います.

ちなみにうちでは、七輪を使っています.

七輪の掃除

バーベキューの時、まずは七輪の掃除から. 最後に火を消したら(よほど汚していなければ)そのまましまってしまうので、まずは掃除から始めます.

画像

掃除といっても、消し炭を取り出して、七輪を逆さにして灰を出すだけです.

かなり高温になるので、菌なども生き残れないようで、今まで長く保管していてもカビなどを見たことはありません.

炭を熾す

七輪の下の窓を開け、七輪の底に着火剤を置き、上に消し炭を置いて、着火剤に火を付けるだけ.

画像

着火剤に火をつけたところ

消し炭だとすぐに火がつくので、毎回、大事に繰り越しています.

森の着火材

気をつけるのは、消し炭がぎゅうぎゅうにならないようにすることくらい.
下の窓から入った空気が通り抜けるように炭を置き、蓋をずらして置いて、10分くらい経つと着火剤は燃え尽き、炭が熾きています.

画像

蓋を置いた方が早い気がするけど、煤でちょっと汚れます.完全に蓋をすると火が消えちゃうので注意です.

画像

しばし、歌ったり踊ったり

掃除と設置は熱くないので子どもがいても大丈夫.
火を付けるときだけちょっと離れてもらって、あとは近くで見ていればいいだけなので、子どもがいてもできます.

ちょっと炭が足りないなって時は、熾した炭と新しい炭を積んでおけばいい.

画像

この日は炭を追加したかったので、右半分に積んでいます

使う前に崩します.放っておくだけで、こんな感じに.

画像

いざ!焼きます!

熾した炭を均して、網をおきます.

火力の強いところと弱いところを作りたいので、片側は炭多め、反対側は炭を少なめに.左右に窓が付いているタイプなので、それぞれの空気の量を調整できます.
ちょっと網を底上げしておいた方が、火力が調整しやすく、焦げにくいし、いざという時に(炭を足すことはほぼないけれど‥)網を持ち上げやすいのでオススメです.

画像

用意する食材

慣れない頃は、せっかく炭を熾すんだから!と、あれも焼きたい、これも食べたいとよくばったけれど、慣れて頻度が上がってくると、そういう気持ちも落ち着いてきます.

普段の庭ごはんで食べるものはこんな感じ.

お肉・お魚

お肉は脂が多いと焦げたり煙が出たり大変.薄すぎるお肉も焦げちゃったりくっついちゃったりします.
個人的には、お肉は脂ののりすぎないところ、程よく厚みがあるものをじっくり焼くのが美味しいと思います.ステーキをじっくり焼いて切って食べるのも美味しいし楽ちん.

画像

魚介も美味しいけれど、お魚は張り付いちゃうと残念なので、網に油をしてよーく熱してから.
七輪で秋刀魚なんかを焼くと匂いがしみつかないか心配したけど、実際は気になりませんでした.

野菜がおいしい!

もちろん、お肉やお魚も美味しいのだけど、やっぱり野菜がおいしい!

旬の野菜を丸焼きにするのが楽しみです.

画像

最近はヤングコーンがとっても美味しかった!

毎回かならず用意するのはしいたけ.お肉よりしいたけの満足度が高いです.

おにぎり

おかわり対応などしている余裕がないので、ご飯ははじめにおにぎりにしておくと楽です.

網のスペースに余裕があれば、おにぎりを焼いてもおいしい.

調味料

塩とレモン、焼くものによっては醤油があれば十分だと思います!

画像

日によってはタレも.使いきりのパックが便利です.

前回用意したもの

記録として.

画像

(奥の梅干しはここにあっただけです.)

この他にお肉を用意しました.

お家のバーベキューは、器もいつもと同じものを使えるのがいい.

カトラリーの類は、カトラリー立てにいれて運ぶと楽だし、使っている時も置き場所になる.

画像

息子が小さいので、お味噌汁やちょっとつまめるもの(この日はキュウリ)を用意してあげると平和.

後片付け

バーベキューの後片付けは面倒なイメージがありますが、家でする七輪バーベキューは簡単です.

網を外したら、下の窓を閉じ、蓋をするだけ.酸欠にして火を消します.

画像

火消しツボなどの道具もいらないし、濡らさないでいいし、消し炭を再利用できるし、いいことだらけ.
数時間して冷めたら、気になる汚れだけ拭き取って、そのまましまいます.

網は洗う必要がありますが、普通の料理ならフライパンや鍋を洗うわけで、バーベキューだから大変ということはないかなと.

こどもの成長も楽しみ

すでに椅子の準備など張り切って参加している息子ですが‥笑

画像

成長に合わせて、焼く係や火起こしもできるようになるかな.

今は息子の手の届きにくいところに設置している七輪も、みんなの手の届くところに置いて、それぞれ好みの焼き具合に焼きながら火を囲んで会話を楽しめる日が来るのを楽しみにしています.
(4年前、大人だけの頃の投稿↓)

七輪のすすめ

消火やメンテナンスの簡単さを考えると七輪はオススメです.

ただ、息子が食べる量が増えてきたので、何かしら買い足すことになるかな‥とも思っていますが‥.

焼鳥秋刀魚七輪
arrow_back

Previous

甚平を縫う

Next

3歳児とバーベキュー
arrow_forward

Comments

arrow_back

Previous

甚平を縫う

Next

3歳児とバーベキュー
arrow_forward