庭作り雑感

樹の大きさと成長の早さ

庭作り、手順としては、まず大きな構造物を作ったり、大きい樹を植えるところから始まると思います.
(これを後からやると、せっかく芝とかがついても、重機が入ってダメになってしまいます.)

ところで、樹を選ぶとき、どういう基準で選びますか?

落葉樹か常緑樹かとか、どんな花か、実は、葉っぱは、と見た目で選ぶというのが一般的でしょうか.

樹の大きさと成長の早さをみる

ところが、植木屋さんと話していると、樹を選ぶときの大事なポイントを教えてくれました.

それは、樹の大きさと成長の早さです.

公園でみて素敵だなあと思っていた樹を、植木屋さんに相談してみました.
そうしたら、その樹はやめたほうがいいと.

なぜなら、成長のスピードが早い、そしてすごく大きくなる.

自然樹形が好きなら‥

例えば、ある大きさになるのに
「A:5年しかかからない、ぐんぐん大きくなる樹」
「B:何十年もかかる、成長のゆっくりな樹」
があるとします.

庭の樹で木漏れ日ができたらいいなと思っていたので、植木屋さんと話す前は、Aのほうがいいと思っていました.
早く大きくなったほうがいい、小さい樹のほうがもちろん安いから、安くて小さい樹を植えて、大きく育てたほうが得だと.

だけど、そういう樹は大抵、ものすごく大きくなります.それこそ公園の樹のように.
庭にそういう樹を植えると、数年後には強めの剪定をせざるを得ません.

よく街路樹が剪定で電柱のようにされてしまっているけど、ちょっと痛々しい.個人的には、自然樹形の樹が好きです.
それに強めの剪定するということは、コスト(費用や手間)もかかります.

一方でBの樹は、成長のスピードがゆっくりだから、無理に強い剪定する必要もなく、自然な姿を楽しめます.

手入れと将来のイメージ

もちろん、どっちがいいというものではなく、好みだと思います.

人工的に手を入れて整えたトピアリーみたいなのが好きな方もいると思うし、トトロみたいにどんぐり(成長のスピードが早く大きな樹になるものが多い)から雑木林を作るのも素敵だと思います.

だけど、敷地がある程度限られていて巨木になっては困る、でも自然な樹形を楽しみたい、という場合には、Bの樹を選んだほうがいいと思います.
 
 
ちょっと悲しい話が続きますが‥

街の花屋さんが敷地にどんぐりの樹(Aのタイプ)を植えたらものすごく大きくなって、とても素敵だったけどやはり最近処分されてました‥

うちの実家のまわりは大体が築10〜20年くらいなのだけど、新築の頃に植えた樹を抜いてしまうと言う話をよく聞きます.
はじめは可愛かったゴールドクレストがものすごく大きくなり手入れが追いつかないとか、かわいいなと買ってきて軽い気持ちで植えたユーカリがやはり大きくなりすぎて困ったとか.
そうでなくても、道路や隣地に越境してしまうからと、自然とは程遠い樹形にバッサリ剪定されてしまったり‥

うちが庭を計画している時に、ふた周りくらい上の方には、樹は植えないほうがいい、年をとってからの手入れは大変、お金もかかるから最近処分した、と言う話も聞きました.

そのつもりで植えるのはいいけれど、大事に育てた樹をそういう理由で伐ってしまうのって、ペットが飼いきれなくて手放すのに近いというか、おそらく家主さんたちも思いがけなかったことで悲しかったりすると思います.

樹は生きもの

当たり前だけど、樹は生き物だなあと改めて感じました.

犬とかと同じで、どのくらい大きくなるのか、お世話はできるか、コスト、将来のイメージ、そういうのを考えなくてはいけない.

樹の成長はイメージが難しいけど、できるだけ事前に調べて、最終的にどんな大きさになるのか、どんなスピードで成長するのかは、植える前に知っておいたほうがいいと思います.

庭を計画していた頃、こういう話を方々から聞いたのでものすごく慎重になりましたが、将来をイメージした上で、やはり植えたい、と思う樹を植えました.

大事にお世話していきたいと思います.

樹の値段

樹を選ぶ時、同じくらいの大きさなのに値段が高い樹と安い樹があります.

値段が違ってくる理由の一つが、ここまで書いてきた、大きくなる早さだと思います.

同じ大きさになるのに、Aの樹とBの樹のように違いがあるとしたら、もちろん、同じ大きさになるのに時間がかかるBの樹のほうが値段が高くなります.

ここで、安いという理由だけでAの樹を選んでしまうと、数年後に剪定でせっかくの気に入っていた樹形を崩さなくてはならないかもしれませんし、剪定のコストに悩まされるかもしれませんし、最悪処分することになるかもしれません.
(大きくなるのをわかった上でAの樹を選ぶのであれば、植えたい樹が安くてお得と思います!)

逆に、はじめちょっと高くても、ゆっくり大きくなりそんなに巨木にはならず長く楽しめる(剪定や伐採のコストがかからない)樹であれば、そちらのほうがお得かもしれません.

なんども書いてしまいますが、どちらがいいという話ではなく、分かった上で選択すると後悔がないかなと思います.

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.
メールアドレスは任意です.(コメント欄でお返事できない場合、メールをさせていただくことがあります.)アドレスが公開されることはありません.
URLを書き込んだコメントはスパムとして処理しています.
本名などの個人情報は書き込まないでくださいね