このそのほか

本にブッカー

ブッカーというのは、よく図書館の本に補強で貼ってある、透明のシートのことです.

息子の本、赤ちゃん用の本は基本的にカバーをとっても同じカラーの絵がついていたり、そもそもカバーがなかったりするので、いままでは良かったのだけど、最近は野鳥図鑑など大人の本も息子が見る.

カバーを取ってしまうと味気ないし、付いているとぺろっと外れたり、破かれたり‥

それで、ブッカーをかけようということになりました.

使ったブッカー

今回使ったのはこちら.

ブックコートフィルム
amazon  楽天

やっぱり?埼玉福祉会!
実は、この前に家にあった違うメーカーのブッカーを使ったのだけど、赤ちゃん用にはこっちの方がいいかもと新たに買いました.

ブッカーの選び方

うちに元々あったのは違うメーカーの光沢タイプで、ちょっと厚手のもの.その商品が悪いのではなく、好みや用途だと思います.(現にうちではそれを持っていたわけで‥)

今回買い替えたわけは、薄手でしなやかなタイプが小さい子にはいいと思ったから.
とくに、厚手のブッカーだと角が尖って痛かったんです.正直手に取るのが嫌になってしまい、はがしてしまいました.
それに、薄手でしなやかな方が張りやすい気がするし、個人的には光沢がないタイプが好み.

ぜひ図書館でいろんな本を見てみると、ブッカー自体の違いをみて好みを模索できるし、掛け方もちょっとずつ違ったりして面白いですよ!

ロール10mもいらない方はカットしたものもありますが、結構使ってしまいますし、ロールだと大型本もかばーでき、小さな本に使っても無駄がないのでいいですよ!お試しなら5mロールがおすすめです.

とってもよい!

まず、貼ると本がとてもしっかりしますし、表紙カバーだけの心もとない感じがない!息子が触ってもへっちゃらです.

ポケット図鑑みたいに外に持ち出して使うものや、台所で使う料理本なんかにもオススメ.

また、UVカットもできるので日やけが防げるし、食品衛生法の基準をクリアしているそうで赤ちゃんが舐めても比較的安心か.

ブッカーの掛け方

これはもう、ネットに動画もあるし、楽天のこちらのお店ではDVDが付くそうなので、私が説明するまでもないですが‥

初めての方はあまり思い入れのない本で試した方がいいかも、コツがつかめます.
大抵のブッカーは失敗したら剥がせますが‥(うちも図鑑に貼ったのはがして張り直しましたし‥)
 
 

端っこから少しずつ貼って、角はカット.

内側におるんですが‥

ポイントは、この折り返しの部分を斜めにカットしておくことです.


そうしないと、ブッカーを折ってはるときにここが浮いちゃいます.

あとは、本の背のところ、少し手前に切り込みを入れ、背のところはカバー部分にだけ折ってはります.

そうすると、開いた時にうまい具合に浮いて無理がないし、浮いた背のカバーの痛みも防げます.

出来上がり!

(本は、『花と葉で見わける野草』でした.)

補修にも

息子が読んだ本、じわじわと壊れてきました.

破れちゃう前に、ブッカーで補修.

他の本にかけた時に余る部分を取っておくと、補修に使えます!
 
 
 
この作業、結構コツが必要だったり、うまくいくとうれしかったりで、地味な作業が好きな方、はまると思います.
裁縫とかゆっくりする時間がなかなかとれませんが、なんかブッカーをかけていると、手仕事をしているようなリラックス効果すら感じます‥笑

ブッカー、オススメです!


投票できるようにしたのでよろしければ見てみてください!


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.