作ったおもちゃ 買ったおもちゃ

木で重機のおもちゃを作る

すっかり重機にはまった息子.

車中でご機嫌斜めになっても重機を見つければ、「パーショベウ!」(パワーショベル)、「クレーシャ!」(クレーン車)、「ブルーチャー!」(ブルドーザーはなかなかいないが‥)、「ダンプ!」とごきげんに.

BAJOの汽車

ところで、出産祝いに頂いた木の汽車のパズル.

以前の投稿はこちら

『生後半年までのおもちゃ』

置いておくだけでも可愛いのだけど、これなかなか高度なおもちゃで、パーツがバラバラになるので扱いが難しく、組み立ても大人でも難しい.
ようやく最近遊べるようになった.

 
 

息子から重機のリクエスト

重機大好きな息子.
てっきり色も形もリアルなほうが好きなのだと思っていたのだけど、息子から作って欲しいとリクエスト.

重機、作れるかな、しかも息子の(手荒な)遊び方に耐えられるものが‥

と言うことで、BAJOの汽車にパーツを作ることにした.

ロードローラー

一つ目のリクエストはロードローラー.アスファルトを平らにならすヤツ.

リアルさを追うのはあきらめ、機能の実装とある材料でできることを優先.使ったのは息子の持っている木っ端.

前のローラー部分だけ作って、土台と後ろは汽車のパーツを拝借.

早速、遊ぶ.(汽車に接続されているけど‥)
違うって怒られるかなと思ったけど、ローラーが回るのを確認して、「ロードローラー!」と認めてくれた笑

ダンプトラック

二つ目はダンプ.

しばらくしたら、クレーン車のリクエスト.
ちょっとハードそうなので、ダンプでいい?とOKもらい、ダンプをつくる.

運転席部分は他の重機にも流用できそう.

ちゃんと積荷をだだだーっと降ろせるように、ハコとダンプ部分の土台を蝶番で接続.
ダンプ部分の土台には、BAJOの土台に合わせて穴を開けた.


後ろのアオリはとりあえずなし(材料足りず‥).
息子が必要性に気づけば(無いと積荷がこぼれる)、その時につけてあげよう.


ざざざーって、この動き、気に入ってもらえた.


これで、砕石敷きと転圧はできそう.

クレーン車

一度はごまかしたクレーン車、息子が昼寝の間に大急ぎで作る.

(↓Instagramのstoriesにアップしていた写真.)

難しかったけど、なんとか完成.

これはまだ改善の余地あり.
ひとまず息子はよろこんでくれたので、おいおい改造します.

 
 

今回大活躍したのは電動糸鋸.

遊具みたいに大きなものは丸ノコが早いけど、今回のように細かい仕事は糸鋸が本当に便利.
実家からもらってきたもので20年近く前のだけど、まだまだ現役.

木のおもちゃ・手作りのおもちゃ

息子はカラフルでリアルな重機も持っているし、そちらの方がいいのではと思うのだけど、私の作ったでも遊ぶ.

思うに息子には、クレーン車は長い腕を持っていて荷物を持てるとか、ダンプは荷物をざざーっと降ろせるんだとか、ローラーは地面をならすとか、今はそういう機能の所をぎゅっと見ていて、色やリアルさなんて関係無いようだ.

積み木木っ端やビーズもそうで、私もそうだけど、色が塗ってい無いと本当に何にでも見えてきて大人の私でも想像力が湧いてくる.
多分息子の頭の中では、いろいろな形や動きからいろいろなものに見えているんだと思う.

リアルなおもちゃの方が入り込める時期もきっとあって、その時にはそのリアルさが想像力をかきたてるのだろうから、その時までリアルな重機は待つことにしようと思う.
(というのも、シンプルな木のおもちゃはこれはこれでいいのだが、私はリアルなキャタピラー社のミニチュアとかが欲しい‥) 
 
  
手作りのおもちゃは、私からしたら節約になるし息抜きにもなるのでありがたいけど、息子にとってはものができる過程を見るのも楽しいみたいだ.
なんでもやりたがる息子だけど、電動工具は危ないって理解しているのか、見ているだけ.

先日は巣箱を一緒に作ったけれど、そのうち細かい注文や意見を出し合って、一緒におもちゃを作る日がきたらいいな.
 
 
 
工具などの話はモノリストの作る道具にも書いています.

うちのおもちゃのまとめはこちらに.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)