お世話

抱っこ紐まとめ

最小限の抱っこ紐を探るつもりが、気づいたら、ねんねこりん、スリング2種類、兵児帯にエルゴまで‥ 大抱っこ紐持ちになっていました!(追記:後日tongaまで買ってしまいましたよ、とほほ)

それぞれの良かったところ、使い分けなどまとめました.


左から、王道のスリング兵児帯スリング(麻布)、ねんねこりん.


#抱っこ紐に関するすべての記事


ちなみに、抱っこ紐がここまで増えた理由の一つが、少し潔癖で頻繁に洗濯したいことと、家の外と中で使い分けたいことです.その辺が気になる方の参考になれば幸いです.
 
 
はじめは、洗いやすそう、安くすむという理由で自作することにしました.

1.ねんねこりん(自作)
ねんねこりんはリングがなく調整しないタイプのスリング.
スリングを使ったことのなかったわたしには、あの輪っかが難しそうで、リングなしスリングが魅力的で、本を参考に作りました.


amazon  楽天

結果は一度も使わず‥というのも、調整しない分、サイズが初めからぴったりである必要があります.生まれる前はサイズが分からず、作ったものは大きすぎて使えませんでした.後述のリングありスリングが使いやすくて、そのままになってしまいました.

出かけ先で夫婦で共有できないのも使わなかった大きな理由です.(うちは夫婦で体格が大きく違うため.)
まずはリングありスリングを用意して、リングの調整が苦手な場合、リングありスリングで長さに当たりをつけてから作る(あるいは購入する)と良いかもしれません.

ねんねこりんタイプは、サイズがあえば、コンパクトだしサイズ調整もなく使いやすいと思います.
tonga(amazon  楽天 )は店頭で試着できるところが多いです.(後から買いました!後述します!)
 
 
2.王道のスリング(自作)
布を蛇腹に折って縫うタイプの王道のスリング.(→ 別記事)

はじめから8か月の今まで、お出かけはすべてこれです
しっかりした作りで安心.
リングも慣れれば夫でもうまく使いこなしています、夫と共有できるのでお出かけはこれ一つ、子どもが大きくなっても常にジャストサイズで使えて便利.新生児の横抱きから、首すわり後の縦抱き、カンガルー抱き、横抱きと、いろんな抱き方ができてよい.

難点は、布が折り重なっているので、洗濯すると乾くのに時間がかかること.それで、お出かけ専用にして家用と分け、病院に行ったあとなど気になるときに洗濯しています.それから、両手を離すのは少しこわいので、常に片手が塞がります.
かさばらず、好きな布で作れば服とも合わせやすく、すべてのお出かけに今も使っています.

2歳時に追記:
1歳過ぎまではお出かけはほぼこのスリングでした.服との相性も良く、使わない時もあまり邪魔にならず、洗うのも楽で本当に重宝しました!
病院でも、買い物先でも、いろいろなところで、スリングで丸くなっている息子を記憶されている方が多く、いまだに「あのスリングの赤ちゃんが」とよく話しかけられます笑
1歳になった初夏の頃(あんよの頃)からtongaを使うようになり、こちらはあまり使わなくなりました.
 
 

3.兵児帯スリング
王道のスリングとは別に、洗いやすい(乾きやすい)スリングが欲しくて自作しました.
自作といっても、兵児帯(サイズの布)をスリングのリングに通すだけで、針も糸も使いません.(→ 別記事)

一枚布なのですぐに乾くし、解けば兵児帯としても使える.リングが一組あれば布は取り替えられるので、2枚の布で使っていました.
使うのに少しコツがいりますが不便はなく、家の中ではずっとこちらを使っていました.
子どもはスリングが大好きになって、つけようとすると見るだけでうれしそう、寝かしつけにも必須でした.寝てしまった時はお布団にリリースしやすいのもいいところです.
 
2歳時に追記:
おうちでの寝かしつけは、エルゴを買ってからはほぼそちらになりましたが、それまでの暑い時期には、涼しくて洗いやすいこちらが重宝しました.
なので、使っていたのは0歳の秋口まででしたが、災害時の持ち出し予備として置いてあります.
ただの布なので、本当に使わなくなったら何かにリメイクしようかな.

 
4.エルゴベビー 360
抱っこ紐といえばエルゴですが、スリングに比べると頻繁に洗いづらそう、夏暑そうということで、ここまで購入しませんでした.
スリングには満足していましたが、うちの子、お昼寝はオール抱っこだったので、片方の肩に重みのかかるスリングが少し辛くなってきました.それに、お昼寝中、片手がずっとふさがるのも辛い‥ そんなときに、エルゴが型落ちで安くなっていたので、ちょうど涼しい季節になってきたこともあってついに購入.(→ 別記事)

寒くなってくるとエルゴは暖かくていいです!両手も離せるので、抱っこしながら大抵の家事ができるように!お昼寝で1日3〜4時間は使ってますが楽になりました.寝た時のリリースはスリングの方がしやすいけれど、お昼寝はリリースするとどのみち起きてしまうので問題なし.

360は前抱っこもできるので気に入っています.
外と家では使い分けたかったので、こちらは家専用、天気のいい日にだけ洗っています.

2歳時に追記:
息子はかなりの夜泣きっこで、夜通しおんぶがよくあったので、2歳半まで寝かしつけ、そして真夜中にもエルゴでおんぶしていることが多かった‥
エルゴで寝る習慣をつけたのが悪かった気もしますが、エルゴなしでは夜泣きと戦えなかったと思います!
息子も2歳半を過ぎて、ようやく夜通し眠り、寝かしつけもお布団でできるようになりました!

 
 
5.tonga
tonga(amazon  楽天 )はリングなしスリングで、腰すわり以降用のあみあみのもの.夏の蒸れ防止に購入を検討していました.このタイプはサイズの対応表だけでなく試着が必須です.
大型ショッピングセンターで試着できるところが多くわたしも試着しましたが、サイズがXSでした.XSは販売が始まったばかりで、欲しかったカラーはまだ出ていなかったので今年は断念.来年欲しいカラーのXSがでていれば購入したいと思います.
 

2歳時に追記:
1歳過ぎてあんよの頃に購入しました!(詳しくはこちらの投稿へ
軽い!蒸れない!かさばらない!乗り降りが楽!毎日でも洗いやすい!と、あんよ以降の、自分で歩きたいけど抱っこもしてほしい、靴を履いているし頻繁に洗いたい、という1歳以降とても使い勝手が良かったです!
写真は2歳半過ぎ、お出かけ帰りで寝ちゃいましたがtongaのおかげでなんとか抱っこして帰れました.

 
  
まとめ

ということで、新生児期からはスリング(外用)と兵児帯スリング(家の寝かしつけ用)、生後半年の涼しくなったころからお家でのお昼寝と家事はエルゴとなりました.
スリングとエルゴは一長一短で、軽さ・洗いやすさ・横抱きができる点はスリング、両手が離せる・重くても楽・前向き抱っこが楽しいという点ではエルゴ360が良い.
もし、家と外で使い分ける必要がなかったとしても両方使うかな、と思います.

2歳時に追記:
そして、あんよ以降は本当に、tongaおすすめです!
 


Related Post & Tag

 

広告

One comment

  1. 早速記事アップありがとうございましたすごく参考になりました、ありがとうございました!

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)