コドモノモノ収納

息子の本棚と、本の整理

お正月休みにやったこと.
 
 
息子の本、赤ちゃんの頃はテレビの棚に収納していました.

小さなお家を作ったときに、面だしの絵本の棚を増設したのだけど、どちらの棚もおもちゃを飾りたくなったらしく、絵本はなぜか違う部屋に運び出されていました.

今までの本棚についてはこちらをどうぞ

『絵本の棚』

重いものをたくさん運ぶのが楽しいらしく‥それはそれで楽しんでいたからよかったのだけど、そろそろちゃんとしまってもらうかと、お正月休みに動く.

大人と同じ本棚に

さて、本の量も増えたし、重い本も楽しんで運べるので、心機一転、息子も大人と同じ本棚に.

2016年のうちの本棚の投稿です

『本の管理』

大人の本を整理して、一区画あけました.

連休恒例の、本の整理

我が家、連休など時間があるときに本の整理をするのが恒例です.

どんどん増える本、本棚が煩雑にならないように、整理しながら処分.売れそうなものは売って、次の資金に.

今年は、ロフトの本にも手を入れて、ばっさり処分.
値段がつきそうなものはAmazon、そうでないものはリサイクルショップにまとめて持って行きました.

我が家の本の売り方についてはこちらに詳しく

『本を売る』

Amazonは、専門書とか廃盤になっているものは驚くような値段になることも多い.

今年は映画「ボヘミアンラプソディ」の影響か、QUEENやフレディマーキュリー関連の廃盤品がかなりの値段になっていた.
Greatest Video Hitsとか、Mr Bad Guy、フレディのソロも結構持っていたので、一部手放しました!

わかりやすい表示

話がそれました‥息子の本棚の話.

どこが誰の棚かはじめにびしっと伝えれば息子は納得するので、わかりやすく似顔絵シールを貼りました.

シールをはっておき、
「とーさんの本棚のシール、だれ?」「とーさん!」
「こっちの棚のシールは?」「○ちゃん!、○ちゃんの!」
と、すぐ自分の棚と理解.せっせと本を運び込みました!

この似顔絵シール、息子は気に入ったようで、他のいろいろな収納にもはっているので、また後日投稿したいと思いますが‥
最近の指令書には「誰が」の要素を入れていて、そのときの手書きの絵(このときの指令書のもの)を写真に撮り、背景を透過した画像を作っておいて、使い回しています.
その画像を写真シールに印刷して使っています.

ラベルシールは、いままでもお弁当記録育児日記といったノートおもちゃお引き出しのラベルに使ってきたもの.
おもちゃお引き出しの投稿の最後に詳しく書いています.

無印の仕切りで、子どもでもしまいやすく

以前の本棚に使っていた無印のアクリル仕切りスタンドがよかったので、一つ買い足して、今回も使いました.

これがあると上手にしまえます!
ゆくゆくは分類もしやすいし、ちょっと高いけどいいと思います.


手伝ってもらわなくても、自分で入れたいようにしまっています!

次の日も、その後毎日、朝は寝室から本を持ってきてしまい、夜は本を選んで寝室へ.

息子の収納を考えることは、大人の収納を改めてみることにもなって楽しいです.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.