ちょっといいとこ

居間の上の段差

うちは、居間自体も他のスペースより一段上がっているのだけど(これはまた投稿します)、居間の上にも2段の段違いのスペースがあります.

居間の上

うちの居間、下がり天井になっています.

居間ではちゃぶ台で低く過ごすので(今は子どもスペースですがやはり低い)、台所とひとつづきの勾配天井だと天井が高すぎて落ち着かないかなと思ったのがはじまり.

こちらもどうぞ

『木の下がり天井』

天井高が低めなおかげで、狭いわりに広く感じるし(居間は6畳ない)、落ち着く空間に.

高いところに窓もあって、北側の部屋まで明るいです.(写真は以前のものです)

さらに、上には登れるので、ちょっと楽しい.
息子が大きくなったら喜ぶかな、たまに上から部屋を眺めたり、大工さんは工期中ここで昼寝してたとか、気持ちいいですよと言ってました笑

これは上から撮った写真.(以前のものです)

居間の向こうの上

居間の隣の部屋の上も、普通ならふさいでしまうところを、登れるようにしました.

こんな感じで、ちょっとものを置くことができます.
(これは昨日の写真、息子が寝た直後、散らかってます.)

これがすごく便利で、床に置きたくないものをちょっと置いておいたり、子どものおもちゃをちょっと避難させたり、あってよかったスペースです.

(これは一年前の写真かな‥)

右側は袖壁があって、奥が見えないのですが、ここに普段読んでない本を収納しています.
ここでゴロゴロしながら本を読みたいけど、子どもが小さいうちは無理そう‥

さらに、奥には扉があって、完全に奥が見えないので、ここにはシーズンオフの扇風機などを収納しています.

 
 
平屋でも、上に下にと少し段差のスペースがあると、空間にリズムが生まれて楽しいし、便利に使えます.


Related Post & Tag

 

広告

3 Comments

  1. はじめまして☺︎

    いま平屋の家づくりを計画中です。

    居間の隣の上は下がり天井と繋がっていてはしごか階段で上がれるのでしょうか?

    ちょうど読んでいた本に下がり天井の事が載っていたので気になりました。

    またLDKと作業室?は段差で間仕切りされているだけでは無く、少しずれて間取りがある事で広く感じますか?

    1. 下がり天井に腰掛けるとちょうどと居間の隣の上に足がつくくらいの段差になっています!ので繋がっているといえば繋がっているというかんじです!
      居間の隣の上へは、ゆくゆくはしごを設置するプランを何通りか考えてあって、入り口なども設けてはあるのですが、今は子供も小さいので危ないと思い据え置きはしていません!
      収納としてもロフトとしても、このスペースには今はあまり頼っていないため、たまによじ登って(笑)のんびりしたり(本がたくさん置いてあります!)、奥に物を置いたりといった感じです!(息子がもう少し大きくなった時、たまに登れる感じが特別感があっていいかなと!)
      本格的に利用するようになればはしごなどを設置する予定ですよ!
      LDKと作業室のずれははやり広さを感じると思います!
      平屋は便利ですが、間取りが単調になりがちなので、あえてずらしたり、近い距離を壁で仕切って遠く感じさせたりと工夫しました(この話題はまた投稿したいと思います!)
      ずれている部分は天井を平らにしてあるのですが、こういうゆるい仕切り方や、天井高の違いによるリズム感は平屋に面白みをプラスすると思います

  2. お忙しい中、丁寧にお返事して頂きありがとうございます☺︎

    上にはよじ登っていらしたんですね(笑)ハシゴがなくても、それはそれで楽しそうです◎

    ちょうど今日LDK20畳の平屋を見学して来たのですが、天井は普通より高く取られていましたが全部同じ高さだったので思ったより狭いなと感じてしまい天井高のリズム感の大事さを感じました。

    ayakoさんのブログを見ていると何だか色んな選択幅が広がってきました◎また各ページで質問させて頂くかもしれませんが宜しくお願い致します。

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)