ちょっといいとこ

外壁を汚さない窓えらび

お家の外壁、住んでいるとだんだん汚れてきます.

ところで、一番気になる汚れってどんなのでしょう?

私は、窓の左右端の下から筋状に付いている汚れが一番気になりました.
 
 
その話を工務店の親方と話していたら、その部分が汚れるかどうかに大きく影響するのは、外壁からどれだけ窓が出っ張っているかだと!

と言うのも、その汚れは、窓についた汚れが雨で流され、外壁を伝うときにできるものだというのです.

YKKとLIXILの違い

そこで見なくてはいけないのが、メーカー別(商品別?)の窓の出っ張り.

こちらにも書きましたが、親方はYKK推しです.

その理由の一つが窓の出っ張りで、YKKは出っ張っているから、窓から垂れる汚れが外壁につかずに落ちるので、結果、外壁を汚さないと.

でも、私はLIXILの窓も使いたかった‥
(そしてその汚れが目立ちそうな高所はLIXILばっかり!)

それで調べると、いいものがありました!

水切りという切り札

LIXILの窓は出っ張りは少ないけど、下に同色の水切りというものをつけられました!


↑窓の下のものがそれです!

これのおかげで、窓の汚れが外壁を伝うことなく地面へ落ちます!

もちろんない方がシンプルではありますが、汚れるよりはずっといいし、そんなに見た目も気になりません!

効果はご覧の通り、数年たっても特に汚れは目立ちません.

住んでみての感想

家が建ってみると、たしかにYKKとLIXILで窓の出っ張りが違いました.

うちの場合(選ぶ外壁の種類でも違ってくると思いますので‥)、YKKは水切りなしでも問題なく、LIXILは水切りなしだと、ガラスから垂れる汚れが外壁を伝いましたが、水切りをつけることで回避できました.

(というのは、下屋が付く部分は水切りなしにしたら、下屋ができるまでの間に少しシミができましたので‥)
 
 

外壁の汚れは、家の建っている環境によっても種類が違うし、外壁の種類(汚れやすさや掃除しやすさ、厚みなど)や庇の長さなど、いろいろな要素が関係してくるので一概には言えないと思いますが‥

ガラスについた汚れが垂れてできる外壁の汚れの場合、出っ張りの大きい商品か、水切りをつけることで解決できそうです!

(ただし、塗り壁で、将来的に重ねて塗る予定の場合はその分の出っ張りも考慮した方が良さそうです.)
 
 
余談ですが、同じ理由で、換気口にも水切りのある商品をえらびましたので、汚れは付いていませんよ!


Related Post & Tag

 

広告

2 Comments

  1. なるほどー!面白いですねー(^^)そんな工夫があったとは!
    うちは沖縄なんですが、こちらはコンクリート造がとても多くて、塗装仕上げがほとんどでして、経年劣化というか、窓枠の汚れが目立つ物件が本当に多くてとても残念に感じてしまいます…もったいない。
    ちなみに、実はうちの夫は建築士でして、夫の勤める会社は基本タイル(的な?)外壁にして汚れの跡が目立たなくなる仕上がりにしているのですが、それも結構有効で、初期費用はかかってもかける価値はあるものだなーと思っていました。しかし、水切りという手もあったとは!ぜひみなさんに導入してほしいです。笑

    最近またイエツクリの記事がアップされていてとても嬉しいです。
    自分の家を建てる日がくるのかわかりませんが、そのときは私もayakoさんのように楽しみながら考え抜いて満足のいく家にしたいなーと常々思っています!笑
    また更新楽しみにしています♫

    1. aquieさん
      いつもありがとうございます
      沖縄だったのですね!そして、地域によって家つくりも変わってくるのですねー、面白いです!
      そしてそして、ご主人さまは建築士さんなのですね!いいですねー!そして、建築士さんの奥さまに私の素人なブログを読んでいただきちょっとお恥ずかしいです‥
      タイルもいいですね!メンテナンスを楽にするために初期費用をかけるというのは、本当にいい選択ですね!
      更新楽しみと言っていただけてとてもうれしいです!
      家づくりは需要ないかなと思っていたのですが、投票で意外と票をいただいていたので、バランスよく投票したいと思います

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)