作ったおもちゃ

吊るすおもちゃ

子どもも大人もうれしい.

 
 

うちの居間は常に何かしら吊ってあります.吊るすおもちゃはねんねの頃からおすわりの今でも子どもが大好きです.吊るすと意外となんでも面白くなる.

吊るすおもちゃのいいところ

どの時期でも遊びやすい

まだ自分で掴んだり置いたりが上手にできない時期でも
・見やすい位置に調整できる
・ぽいっとしても戻ってくる
ので、飽きずに遊ぶことができます.

動きが面白い

宙に浮いていると、何もしなくても風で揺れるだけで面白いし、力を加えて動くのも面白い.

片付け・掃除が楽

たまに違うおもちゃに交換はするけれど、吊ってあるので基本的に片付けません.掃除機やルンバもOKなので、掃除片付けが楽でおすすめです.

吊るすおもちゃの遊び方

時期によっていろいろな遊び方をしていました.頭と体を両方総動員して遊んでいる感じがします.

・動きを観察する

見ているだけで面白い.風を感じたり、動きを予測したり、振り子の動きやゴムの動き、重力、いろんな物理を感じます.

・触る・叩く・つかむ・つまむ・鳴らす・抱きつく

はじめはそーっと、そのうちバンバン、それからポーンポーンと叩いて遊んだり、掴んだりつまんだり、音を鳴らしたり、抱きついたり、手指の使い方もいろいろ変化しました.

・引っ張る・揺らす

つまんだり、掴んだり、抱きついた上で、引っ張ったり揺らしたり、動きを楽しんでました.伸びない紐だと、元から球の軌道でしか動かせないのが面白いし、ゴムなら伸びる感覚や離して飛んでいく様子も楽しめます.

いろいろなおもちゃ

うちの子が好きな吊るすおもちゃです.このほかにもオーボールやぬいぐるみを吊るしたりしています.

モビール

ムナリモビール(→ 別記事)はねんねの頃ずーっと追視していました.

ダンサーモビール(→ 別記事)は触ったり叩いたりが上手になったモビールでした.触れる位置に下げたお守りの触り方にバリエーションがあっておもしろかったです.パーツが小さかったので、おすわりの頃になって上手に指先でつまめるようになりました.

ゴビモビール(→ 別記事)はテニスの壁打ちみたいに連続で叩いてよく遊びました.白っぽい玉が一番近くて叩きやすいのを分かっているし、次の動きを予測したり、振りかぶって叩いたり、頭を使って楽しんでいました.

がらがらパーツのぬいぐるみ

『きんぎょがにげた』(→ 別記事)のきんぎょを吊ったら大当たり!マスクのゴムで吊るしたら、引っ張って伸ばして離してピョーンと楽しい.しばらくびょんびょんと跳ねつづける間、中の鳴り鈴がよく鳴ります.投げても戻ってくるので集中して遊びます.

きんぎょの鳴り鈴のシリーズでチャイムというのがあってものすごくいい音!こちらはイカのぬいぐるみの中に.ちょっと重さがあるので、マスクのゴムがいい感じに伸び縮みして、月面の重力みたいなゆるーい感じで上下します.

このイカ、足は綾テープがピロピロするので、掴んでよく引っ張ります.えんぺらはかじるのにいいみたいです.

ペットボトル

もはやおもちゃじゃありませんが‥ うちの子はペットボトルが大好き!それで、綾テープで吊ってみたところすごくよかったです.

すこし水を入れてあると、重みでゆっくり揺れます.掴んで離してゆらゆらさせたり、ししおどしみたいに傾けると水が移動して重心が変わったり、でこぼこをギロみたいに鳴らしたり、ひもをつかんだり、抱きついたり、大きいので遊びごたえがありそうです.なかにビーズやスーパーボールをいれても面白い.

加速がつくのであまり重すぎないように.それからキャップのところだけ当たると痛そうなので、目などには当たらない高さで吊っています.あとは、全体重をかけて抱きつくので、しっかり吊るす必要があります.

吊るし方について

思いつく吊るし方を挙げてみます.うちは木ネジとハンモック用の金物を使っています.強度にあわせて長さ(触れない→掴めない→抱きつけない)を調整したり、紐を伸縮するものにするなど工夫するといいと思います.

プッシュピン

紙など軽い素材のモビールで、眺めるだけならダルマ画鋲でも大丈夫かも.実家に遊びにいくときなんかは、実家の石膏ボードの天井にダルマ画鋲でつけています.赤ちゃんの手が届くと落ちてきて危ないので触れない高さで.

木ネジ

うちでは木ネジを天井にうっています.うちは居間の天井が木ですが、石膏ボードの場合は木の下地を探して(うちはこの下地センサーを使っています)打てば木ネジが効きます.

これなら結構強度があるので、叩くくらいなら大丈夫だし、紐の一部をマスクのゴムにすれば引っ張っても大丈夫です!穴も比較的小さいので不要になれば取って埋めやすいと思います.

石膏ボード天井用フック

石膏ボード部分に下げる場合は、専用のものを.釘が三本交差するタイプなら跡も小さく石膏ボードに設置できます.こちらで耐荷重が2.7kgなので、叩いたり、ゴムで(最大床まで)伸びるようにしてあればつかめても大丈夫そう.

ハンモック用吊下げ金具

ハンモック用の金物をしっかり下地に固定すれば、子どもが体重をかけても安心です.うちは壁面なので同じ金物ではありませんが、ペットボトルはハンモック用の金物にかけています.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)