育児本

モンテ本3冊

おすすめのモンテ本3冊.

 
 
モンテッソーリ関係の本は、育児書としてはとても参考になると思います.
前回に引き続き、オススメの本3冊を紹介します.

デチタ でチた できた!

この本は妊婦さんにおすすめ.


デチタ でチた できた!
amazon

内容は、お腹の中から1歳くらいまで.
初めての、赤ちゃんとの暮らし、どんな感じか、何をしてあげればいいか分からないという方におすすめ.具体的なイメージを持って、わくわく赤ちゃんとの暮らしに備えられると思います.

環境の整え方、社会性のこと、発達、おもちゃなどについて、モンテッソーリ教育の視点から書かれています.この本を読んでいると、赤ちゃんを観察する目が準備できて、子育てをより楽しめると思います!

私もこの本で、トッポンチーノ鏡の設置モビールなどを知って、妊娠中に準備しました.

ソフトカバーでそんなには大きくないから、妊婦健診にも持っていけなくもないか.

中は絵や写真も多く、3カラムで雑誌みたいな構成、さらっと読みやすいです.

生まれてからでも比較的読みやすいと思います.

ママ、ひとりでするのを手伝ってね!

ここからは、前回に引き続き相良先生の本.

前回の投稿で、モンテ園で働いていた方からコメントでオススメしていただきました!(ありがとうございます!)


ママ、ひとりでするのを手伝ってね!
amazon  楽天

内容は、『お母さんの敏感期』に近いかと思います.

ただ、こちらは教科書のような感じで、より詳しく書かれていますので、『お母さんの敏感期』の発展にいいかと思います.(逆に、文庫でさらっと読みたい方は『お母さんの敏感期』のほうがおすすめ.)

こちらの内容は、3才以降がメインかと思います.もちろん、もう息子に使える話もあるので、このタイミングで買ってよかったのですが、本格的に参考になるのはもう少し先かな.
じわじわと読み進めたいと思います.

子どもは動きながら学ぶ

『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』のテイストで、いまの息子にぴったりなのはないかなーと思ったら、ありました!

タイトルも『子どもは動きながら学ぶ』、とても魅力的!


子どもは動きながら学ぶ
amazon  楽天

こちらは3歳くらいまでの内容です.

おもちゃも作業内容も今の息子にちょうどいい.
やはり教科書的なのですが、行動や環境について網羅的に書かれていて、息子との遊びや部屋作り、遊びに行く場所を考えるのにもとても参考になりました!

個人的には、この2冊、よかった.

教科書っぽいけど、内容は子どもについてなので読みやすいです.
 
 
 
ということで、モンテ本、オススメ別でいうと‥

妊娠中から1歳くらいまでのお子さんをお持ちで、雑誌感覚でさらっと読みたい
→『デチタ でチた できた!』

文庫の読みやすさがいい、敏感期について知りたい、子どもを理解したい
→『お母さんの「敏感期」』

教科書のように詳しく網羅的に知りたい、3歳くらいまで
→『子どもは動きながら学ぶ』

教科書のように詳しく網羅的に知りたい、3歳くらいから
→『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.