作ったおもちゃ

マグネットでずれない工夫

小さなお家の正面窓の裏は、カウンターみたいになっていて、そこで息子が作業することが結構あります.

棒通しみたいなおもちゃだったり、シールブックだったりするのだけど、ずれちゃって作業しづらいことが結構ある.

カウンター越しに私が抑えればいいのだけど、うまく固定できないかなと.

磁石を使って固定する

それで思いついたのが、磁石を使った固定方法.

早速、磁石をカウンターに埋め込むことに.

小さな強力磁石は、万が一取れると危険だと思って、見つけたのがこちら.


ネオジウム磁石
amazon

強力なネオジウム磁石に、木ねじで固定するための穴があいたもの.
これなら、ボンドだけよりもずっとしっかりとりつけられる.

(ただし、ネオジウムは割れやすいので、しっかり埋め込んで出っ張らないように、衝撃が加わらないようにつけたほうがいいと思う.子どもが使う場所では注意が必要です.)

届いた磁石、小さい!10mmのビットがぴったり.

早速インパクトに穴あけの先端を取り付けて穴を開け、今度はドライバーに付け替え‥

こんな感じで、2つ埋め込みました.

おもちゃに鉄のネジをつける

こんな感じで、おもちゃの底に鉄のネジを埋め込めば、磁石にくっついて軽くだけど固定できる.

木とマグネットの文鎮も作ってみた

木っ端に、2箇所マグネットを埋め込んで、文鎮のようなものも作ってみた.

カチっとくっつく.

これで、画用紙とかを固定できる.

棒通しの下に入れて、固定することもできる.(わかりづらいか‥)

このマグネット、小さくて強力で、埋め込んでもそんなに目立たないし、やっぱりしっかり取り付けられるのがいい!
あと6個残っているから、何に使おうか楽しみ.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.
メールアドレスは任意です.(コメント欄でお返事できない場合、メールをさせていただくことがあります.)アドレスが公開されることはありません.
URLを書き込んだコメントはスパムとして処理しています.
本名などの個人情報は書き込まないでくださいね