モノ

マキタ

取り回しの良さが魅力!
 
 

『掃除機とホコリのこと』で書いた通り、うちの掃除には『ルンバ』が欠かせません.

だけど、ルンバには苦手なところがあります.
それは階段であったり、ジャングルジムの中であったり‥

それに、ちょっとここを自分で掃除したいっていう時、ルンバにいちいち出てきてもらうのは少し面倒です.

そういうことや場所は限られているので、掃除マメな人であれば、雑巾やらクイックルワイパーなどでささっと掃除すればいいし、そんなに気にならない人であれば、ルンバに任せたり、たまに掃除すればいい.

だけど、マメでないくせに、汚れは気になる私の場合、取り回しが良くて、立ったままシュッとボタン一つで吸い取れるマキタは魅力です.

ということで、うちのマキタは、ルンバのサブとしての役割で働いています.

 

目次

箒とちりとりの感覚

床に髪の毛が落ちている、ちょっと何やらゴミがある.

マキタがないと、まあいいか、あとでルンバをかけるかと後回しになります.
だけどマキタがあると、全く苦にならずにシュッと吸い取れます.

箒とちりとりを出して、とって、ゴミを捨てて片付ける.
クイックルワイパーを出してきて、拭いて、集まったゴミをつまみ、シートを取り替える.
どちらも、マメでない私にはハードルが高く、後回しになりがち.

マキタはシュッと吸い取るだけ.
本当に、掃除のハードルをグッと下げてくれます.
 
ルンバは、「見えないチリやホコリ」を、お任せで、部屋中、根こそぎ吸い取ってくれる.
一方で、マキタは「見えるゴミ」を、私が吸い取るハードルを下げるという位置づけです.

この分担のおかげで、私でも家がきれいに維持できます.

基本の置き場所は脱衣室

『掃除機とホコリのこと』に書いた通り、洗面・脱衣室はホコリの発生源です.
さらにドライヤーで髪を乾かしたりして、抜け毛も落ちます.

これらを放っておくと、歩き回るたびに家中に拡散して、家中が汚くなる.
これらを閉じ込めて、ここで根絶やしにすれば、家は案外汚れない.
このエリアを制することは、家中のきれいにつながる、と言うくらい重要な場所.

このエリアにルンバを置いておいて、こまめに起動するのでもいいと思います.
私は自分で吸い取りたいので、ここにマキタを置いて、髪を乾かしたら即、吸い取っています.

洗濯機の横にフックをつけておいて、ひっかけて置いています.

取り回しの良さが魅力

ここまでマキタが掃除のハードルを下げるのは、軽さ、小回りの良さのおかげ.

一般的な掃除機のコードと本体が付いて回る感じは、本当に掃除を大変にします.(吸う力が強いのは魅力だけど‥)
うちにある、マキタ、ダイソン、ルンバはいずれもコードレス、本当に便利.

でも、ダイソンはやっぱり重い.(あの性能ですから重くて当たり前です.)
ルンバも重いし、しゃがんで持ち上げて連れてってボタン押して戻してと、ちょっと掃除するには、面倒なのです.

ちょこちょこっとした掃除をするのに、掃除マメではない私には、たったこれだけの重さや手間がハードルをあげてしまう.

でも、マキタは本当に軽くて、苦にならない.
魔法の杖をふってゴミをなくすような手軽さ!
もはや、楽しいの域.もう何年も使っていても、まだ楽しい.
軽いので、気になったらさっと取りに行って、さっと使えるのです!
この手軽さは本当に魅力です.

マキタの選び方

マキタにはたくさんの種類があります.
買う前は私も、難しくて選べない!と思いましたが、そんなに複雑ではありませんよ!

うちのマキタは結構前に購入したものなので
参考程度にどうぞ.

選び方についてはこちらのお店のページがとてもよくまとまっています!(こちらのページの表を見ながらだとわかりやすいと思います!)

ここでも簡単にまとめてみます.

バッテリー(電圧)

カタログを見ると、7.2vから18vまでさまざまな電圧の機種があります.

電圧のちがいによって、使用時間や本体の重さ、そして、吸込仕事率や値段が変わってきます.

高いものは吸い込み仕事率もいいけど高価だし重くなりますし、一方、軽い機種は安いしいいのだけど、吸い込み仕事率は下がりますので、自分の家でのマキタの位置づけを考えてベストなものを選ぶといいと思います!

それから、バッテリーには、ニカドとリチウムイオンがありますが、継ぎ足し充電できるリチウムイオンがおすすめです.

バッテリー内蔵タイプもありますが、内蔵の場合べっテリーがへたると本体ごと取り換えになってしまいます.
でも、バッテリー内蔵の方が充電はスマートかも、うちにあるタイプは、一度バッテリーを外して充電器につける必要がありますので‥一長一短ですね.

(ちなみに、マキタは工具をたくさん販売していて、バッテリーや充電器は互換性がありますので、工具を持っていたり購入を検討している場合、それと揃えるのもありと思います.)

吸込仕事率

一番大事と思うのは吸込仕事率.

一番弱い7.2vの機種で14W、一番強い18vの機種で37W.結構違います.
ちなみに、ダイソンはV6シリーズで、普通モード28W、MAXモードで100Wだそうです.

ダイソンは強いと言うイメージだけど、普通モードで比べれば、マキタの18vの方が強い!でも、本気だすと(MAXモード)ダイソンの方が強い!

重さ

見た目は同じような感じだけど、一番軽い機種と重い機種で、倍も違います!
個人的にはこの違い大きい.

軽いに越したことはないけど、必要とするパワーとの兼ね合いですね.もちろん、許容できる重さは個人差があると思います.

使用時間

こちらも、機種によって3倍以上違ってきます.

ちなみに、ダイソンは充電が切れると全く動かなくなりますが(動いている限りは強い吸引力のまま!)、マキタは充電が切れてきても、弱りながらも動きます‥
面倒だなーときちんと充電しないとパフォーマンスが下がった状態で使うことになります.
きちんと充電してこそ、仕事率を維持できます!(18vを買っても面倒臭がって充電しないと弱いです、当たり前ですが.)

個人的に、ちょっと気になるのは色.

マキタは白のイメージですが(一部の機種では赤とピンクもあり)、安い方のラインナップはアイボリー系でかわいい印象、高い方のラインナップは真っ白で持ち手は黒でかっこいい印象と違いがあります.

個人的にはアイボリーの方が家に馴染んだので選びましたが、パワーなど他の要素を優先した方がいいとは思います.

最近は息子がなにやらやらかした時にさっと対応できるように、冷蔵庫の横に掛けておくこともあります.
アイボリーの方が、なんとなくうちには馴染む色でした.

ゴミの捨て方

マキタは、ゴミパックカプセルの2種類のゴミ捨て方式を選べます.

うちのはカプセル方式.
ゴミパックだとどうしてももったいなさで、こまめに捨てられないと思ったので‥カプセルだと捨て放題?です.
個人的には、吸い取ったばかりのゴミは触りたくないほど汚いと思わないので(生ゴミも剥いたばかりの野菜の皮は汚くないイメージ?)気にならないです!
自分の場合、紙パックだとどうしても交換の頻度が下がるので、カプセルがあっていました!

ただ、多少こまかいチリが舞ったりするので、アレルギーの方はゴミパックがいいかも.

ワンタッチスイッチ/トリガー

マキタは、オン・オフボタンのワンタッチスイッチと、トリガーを引くタイプがあります.

トリガータイプはこまめにオンオフするので、充電の持ちがいい.けど、長時間使うと手が疲れる.
ワンタッチタイプはその逆で、手は疲れないけどこまめなオンオフは面倒.電池の減りも早くなります.

メイン機として長時間使うならワンタッチが良さそうだけど、ささっと使いのサブ機ならトリガーがいいかなと思います.

うちで選んだ機種

ということで、うちで選んだのはこちら.


マキタ CL100DW
amazon  楽天

10.8vのもの.

吸込仕事率は14Wです.髪の毛を吸い取るには十分だし、小さなホコリもかなり取れていますが、フローリングの隙間の小さなゴミなどを吸い上げる力は弱いという印象です.小さな石粒とかも吸い取れません.
サブ機として普通に想定される、ホコリとか小さなゴミを取るには十分かと思います.

あくまでもサブ機として考えた時、優先させたいのは取り回しの良さ!
0.8kgの軽さは本当に魅力です!

そして、白の色がアイボリー、デザインも少しずつ機種によって違いますので、この機種が個人的には好み.

こまめにゴミを捨てた方が、吸引力も維持できると思うし、なによりすっきりしますので、ゴミパックのいらないカプセルを選びました.

そして、サブ機ですので長時間使わないことから、トリガースイッチを選びました.

メイン機として買うなら

もしも、マキタをメイン機として買うなら‥

私だったら吸い込み仕事率の高い18vを選ぶでしょうか.ただし重くなりますので(とはいえ軽いと思うけど)、重さを事前に確認した方がいいかも.

ちなみにダイソンは(高機能なヘッドやMAXモードやサイクロン式であったりと単純に比較できませんが)、V6シリーズの普通モードで28W(MAXモードで100W)と言いますから、マキタの18vの機種で37W、意外と強いですね!

長時間使うことを考えて、スイッチはトリガーではなくワンタッチボタンの方を、よりたくさんゴミを集めることになると思うので、コスパを考えてカプセル式を選ぶかなと思います.

マキタ、本当にラインナップが多く、いろいろ好みで選べるのがうれしいですねぇ.

 
 

こんな感じで、マキタ、サブ機としても、メイン機としてもとってもオススメです.

ではなぜ、ルンバ、マキタ以外にあと2台もあるんだという感じですが‥
続けて、ダイソン、ケルヒャーの掃除機についてもアップ予定です.

虫取りにマキタ?

変な使い方ですが、年に数回、マキタは虫取りとしても活躍しています.


Related Post & Tag

 

広告

3 Comments

  1. こんにちは。はじめまして。
    インスタフォローさせていただいていて、いつも拝見してます。
    今回のマキタの記事、わかりやすく大変参考になりました。いつかほしいが、今すぐほしいに変わってしまいました
    質問なのですが、充電器は、どこに、どのようにおいてらっしゃいますか?

    1. nanana5090さん
      はじめまして!コメントありがとうございます!
      充電器は、洗面室に置いてます.
      http://shikumimemo.net/最近の洗面室/
      こちらの投稿の、一番最後の写真の一番左に写っています!
      充電は、一番上の写真の、カウンターの中央に写っているコンセントを利用しています.
      マキタは隣の脱衣室が置き場なので、この位置が充電しやすいので、ここにあります.
      無印のポリプロピレンメイクボックスに、ダイソンと髭剃りの充電器とまとめて入れ、高い棚に置いています.使うときはボックスごと下ろしていますよ!

  2. お返事ありがとうございました。大変参考になりました。もう、ポチっとしたので、届いたら、充電器の設置場所考えたいと思います。

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.
メールアドレスは任意です.(コメント欄でお返事できない場合、メールをさせていただくことがあります.)アドレスが公開されることはありません.
URLを書き込んだコメントはスパムとして処理しています.
本名などの個人情報は書き込まないでくださいね