モノ 模様替え

ニトリの羽毛布団

夏は冷房のある居間で寝ていましたが、寒くなってきたので寝室に移動しました.(去年と同じく夫は隣の部屋

息子はオイルヒーターの操作が大好きなので、夜中でも見えたら起きちゃいそう‥(スイッチ光っているし‥)
ベビーベッドで囲い、イブルでカバーして見えないように‥
 

 

ニトリの掛け布団を買いました

さて、うちではこの十年、無印で購入した羽毛掛け布団1枚を使っていたのですが、今年はもう一枚購入しようということになりました.

無印に行ってみると、どうやらラインナップも変わり、値段も上がっている様子.夏に購入したニトリのマットレストッパーがよかったので、ニトリもチェックしてみることに.

ニトリは掛け布団もラインナップが豊富で迷いましたが、

・あたたかさレベル4(室温10-20℃)くらい
・羽毛布団がいい
・軽くて厚すぎないのがいい
・洗濯できるのがいい

ということでかるふわ羽毛掛ふとん・シングルを購入.

無印のものは10年使っているし、たくさん洗濯しているので単純に比較できませんが、新しい布団はふわっふわで本当に軽くて快適です!(TEIJINとの共同開発というところが良さそう.)
うちでは真冬は上に毛布をかけるので、軽くて暑すぎないのがちょうどいいです.

//ここから追記です:

ニトリの羽毛掛け布団のラインナップや、詳細はこちらのページにありました↓

ニトリの羽毛ふとんの選び方

臭いについてご質問がありましたが、個人的には、開封時に少ーし商品のにおいがあったような気もしますが、圧縮されている商品を開封すると部屋の空気を含んで、すぐに気にならなくなりました.この商品は洗濯も可ですし、気になればすぐ洗うのもいいかも.

ちなみに、UOMUという抗菌・消臭・防臭羽毛で、JIS基準の2倍の洗浄をして、羽毛自体のにおいを軽減しただけでなく、においの発生原因となる菌の繁殖も抑えているそうです.

//追記ここまで
 

  

掛け布団カバーは無印

カバーは無印のオーガニックコットン二重ガーゼ掛ふとんカバー・S/ブラウンにしました!

今までQサイズでリピートしてきたものと同じ、麻平織掛ふとんカバー・S/生成にしようかと思ったのだけど、この麻のカバー、結構風合いが変わってくるので、時期をずらして買うと差がでそうで、今回はダブルガーゼに.
夏になったら、Qサイズと合わせて麻平織のカバーに変えようと思います.

今まで使っていた無印の掛け布団

よく質問をいただくのですが、うちで使っているものはもう10年前のもので廃盤になっています.

うちのは、
クイーンサイズ(210×210):充填物0.98kg:ダウン97% で、
現行商品の
フランス産羽毛薄掛ふとん/Q:充填物0.28kg:ダウン90%」よりは詰め物が多く、
ハンガリー産羽毛掛ふとん・一層式/Q:充填物1.20kg:ダウン90%」よりは少ないようです.
でも値段は「フランス産羽毛薄掛ふとん/Q」くらいだった記憶が‥

シングルサイズで比較すると、
 無印「ハンガリー産羽毛掛ふとん・一層式/S
  充填物0.80kg:ダウン90%税込19900円
 ニトリ「かるふわ羽毛掛ふとん/S
  充填物0.80kg:ダウン80%税込14900円

ニトリは羽毛の産地が不明(ホワイトダックとのみ記載)だし、ダウンの割合も少し低いし、単純比較はできませんが、お値段的には魅力的だし、使用感も悪くなさそうです.

ちなみに、無印は羽毛掛け布団が期間限定で10%OFFです!
 
 
 
羽毛布団って高いし、かさばるし‥悩むところですが、ニトリの寝具、良さそうです.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)