モノ 模様替え

ニトリのマットレストッパー

子どもは暑がり.特に眠っているときは‥

 
 
去年も夏は暑いと寝つきが悪くて、冷房のある居間で眠っていました.
小さなベッドに夫が眠り、子どもと私は床のクリーンくるマットで.

私は背が低いし子どもも小さかったのでなんとかなったけど、今年の夏はもう少し快適に眠りたい.去年はベッドもあるしと思い切れなかったのだけど、今年は早々に環境整備.6月から居間でぐっすり.

ニトリのマットレストッパーを購入しました

ニトリのマットレスにしたのはたくさんの種類があったから.私は衛生管理さえできればいいので、硬さは夫におまかせ.選んだのは高反発マットレストッパー

硬さは好みだと思いますが、うちでは二人ともちょうどよく気に入りました.
子どもも硬めが好きそうなのと、うつ伏せ寝の心配もあるので硬めにしました.
展示品の中では硬い方でしたが、そんなに硬さは感じません.厚さ4cmですが、自分たちには十分でした.

マットレストッパーということで、本来ならマットレスや敷布団の上に敷くもののようですが、ベッドも別にあるので、板の間の上にこれ一枚で試しています.(一ヶ月半ほど使っていますが快適です.湿気は気をつけた方がいいと思います.)

うちではシングルを2枚購入.合わせて2m四方です.

カバーの色は白.外して洗えるようになっています.

はじめはこのマットレストッパーの上にベットパットを敷き、さらにイブルを敷いていましたがなかなか面倒.それで、マットレストッパーのカバーの中にベットパットを挟み込んでみました.

これで、毎日の上げ下ろしはマットレストッパーとイブルだけ.洗濯するときに、カバーとベットパットを外しています.

三つ折りにパタパタっとできるもののほうが上げ下ろしも楽だし、収納時に収まりがいいと思うのだけど、夫がこれがいいというので‥
上げる時は二つ折りにしていますが、パタンとは折れずに、しずく型になります.このタイプはこまめに上げ下ろしをするのには向いていないかも.

イブルを買い足しました

ベッドやソファーのカバー、赤ちゃんのプレイマット、夏掛けにといろいろ使えるイブル.
色もかわいくて、さらっとしていて肌触りもよく、洗濯してもすぐ乾く.とても気に入って何枚かもっています.(こちらに詳しくまとめてあります.)

特に夏の敷き布団のカバーとしてはとてもよくて、ひんやり涼しく、取り替えるのも楽で、洗ってもあっという間に乾くので、去年も重宝しました.

今までのものは150×200cmのサイズだったので、ニトリのマットレストッパーに合わせて200×200cmのものを買い足しました.(→ キルティングラグマット イブル cloud ☆square マルチカバー 200×200

色は、mushroom beige.

写真の左下がリネンのクッションカバー、上が無印の体にフィットするソファのグレーベージュです.(イブルがクッションの影になっているので、クッションも影の部分で色を見てください.)

ベージュだけどだいぶグレーより.落ち着いた色味だけどグレーよりはかわいい感じというか、私はとても好みの色でした!meninaのイブルは色がとてもきれいなんだけど写真ではちょっとわかりづらくて通販は少し勇気がいりますが、この色はとてもよかったです.

ちなみに、この写真の左はgrayish lavender.2年近いので色が冷めてきていますが、右のmushroom beigeと結構近い色でした.ベージュと思っていると少し違うかもしれません.

もう一枚.右上から時計回りに、茶色い麻、普通の麻、無印の体にフィットするソファーのブラウンのカバー、普通の麻、イブルmushroom beige、ニトリのマットレスのカバー.

毎日の流れ

毎日、夜までに居間の床に掃除機(ルンバとダイソン)をかけておき、マットレストッパー(ベットパットも挟んである)を敷いて、上に大きなイブルを被せています.
イブルは大きなもの一枚なので、敷くのもかたすのも楽々です.

朝片付けるときに、マットレスにダイソンをかけています.
晴れていればイブルは洗濯、マットレスはデッキで干しています.使うのは夜だけなので、イブルは一枚あれば十分です.
ベッドと違って毎日確実に上げ下ろしするので、ダイソンをかけたり洗ったりするタイミングをとりやすいです.掛け布団は変わらず部屋干ししています.

いいこといろいろ

ベッドでの生活よりやることが増えるので大変かなと思いましたが、結果的にはいいことばかり.

掃除のタイミングがつかみやすい

上に書いた通り、上げ下ろしのタイミングで、干したり洗ったり掃除機をかけたりできて、きれいを維持しやすいです.

朝一番に何をする?

朝起きると、子どもが一番に何をするか、寝たふりをして見ているのが毎朝の楽しみです.私を起こそうとする日もありますが(鼻のボタンを押したりメガネをくれたり)、すぐにテレビをつけに行く日や、ごろごろしている日、部屋を一人で出て行こうとする日など.寝室より選択肢がたくさんあって面白いです.

体を使って遊ぶ

マットレスの上を端から端まで連続ゴロゴロしたり、ダッシュしたり(ふにゃふにゃで走りづらいのが楽しいみたい)、私が転がりながら抱きついてころばせたり、マットがあるので安心してダイナミックな遊びができるのが楽しいです.

布団を上げるのが楽しいらしい

朝ごはんの前に布団をあげるだけでも楽しいみたいで大騒ぎ!
イブルでくるんだり(中でもぞもぞ、脱出してきます)、マットレストッパーを畳もうとするだけでダイブしたり大よろこびです.ダイソンも大好きで、じゃれています.

就寝儀式になる

寝室に移動することで、これから眠るんだと認識してそれが就寝儀式になると思っていたので、居間で寝るのでは昼と夜の切り替えができないかなと心配しましたが、布団を敷く=眠る時間という感じで、こちらの方がわかりやすいのかも.
布団を敷きながらひとしきり騒ぎ、その後マットレスでごろごろして、絵本を読んでと、眠る前の流れができています.

一応難点も‥

遅く帰る夫は大変‥

子どもが眠ってから帰ってくる夫は、物音を立てないように神経を使っているみたいでちょっと気の毒‥でもこれもいい思い出かと‥

湿気は心配

板の間に直接マットレストッパーを敷くのは、湿気が心配.毎日上げ下ろしして、陰干ししたりデッキで干したり気をつけていますが、やはり心配です.床も昼間は何も敷かずに風が当たるようにしています.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.
メールアドレスは任意です.(コメント欄でお返事できない場合、メールをさせていただくことがあります.)アドレスが公開されることはありません.
URLを書き込んだコメントはスパムとして処理しています.
本名などの個人情報は書き込まないでくださいね