設備・建材・パーツ

シンプルな引き戸

レールや枠の見えない構造の引き戸.

壁に戸が一枚、左右に動くだけ.

『建具のこと』(→ 別記事)に書いた通り、うちの戸はほとんど引き戸.開いてしまえば存在感がすっと消える、基本は開けっ放しで寝室や洗面室などの湿気がこもらないところも好きです.

引き戸の枠と壁の凹み

引き戸は戸の横に、開いたときの戸が待機するスペースが必要.引き込み戸の場合は戸袋に待機(下の図、真ん中).そうでない多くの場合は、閉めたときの戸が開いたときの戸スペースの隣に待機し、2枚分の戸のスペースをぐるりと囲む枠が付いて、さらに壁が戸の厚さの分凹んでいることが多い(下の図、左).

枠と壁の凹みの役割

壁が戸の分凹んでいるのは、待機している戸の厚みの分、部屋が狭くならないように.

枠があるのは、戸が閉まったときにあたる部分に強度が必要だから.上下の枠は、戸が左右に動く際のガイドの役割.レールがないと引き戸が左右に動かない.

どちらも役割のあるものだけど、ないほうが見た目はすっきりする.

引き戸のデザイン

あの枠と凹みのない引き戸にする方法はいくつかある.

引き込み戸

壁の中に戸が引き込まれていく引き戸で、開けたときに戸の存在感は無くなってすっきりシンプル.さらに、戸の両側の壁共にデッドスペースにならない.ただし、少し壁の厚みが増す.(上の図、真ん中)

枠や戸あたりは必要になるので、壁に近い色で塗装したり、『枠をなくす』(→ 別記事)のような方法で枠を目立たなくすればいい.

アウトセット引き戸

アウトセット引き戸は、壁を凹ませない.壁の外側に戸をつけて、左右に開閉する引き戸.上下にレールが必要になるけれど、左右の枠はなくても平気.(上の図、右)

普通の引き戸よりは戸の厚み分スペースが必要だし、隙間ができたり、鍵が専用ののもしかつけられないなどの制約はあるけれど、枠から上下のレールになるだけでもすこしすっきり、レールもデザインとして楽しめれば面白い!

天井高のアウトセット引き戸

アウトセット引き戸自体の高さを天井高と同じにすると、上下のレールを天井と床に埋め込めるので、枠をなくすことができる.天井高の建具はすっきりした印象.

ただし規格品ではなくなるので、部材が高価になる傾向.

うちで採用した引き戸は2種類

うちの引き戸は4ヶ所.そのうち2ヶ所は引き込み戸にしました.見た目もすっきりだし、デッドスペースもなく便利.

もう2ヶ所は、ものを置いたりしないのでデッドスペースになっても構わないし、引き込み戸にして壁が厚くなるのが嫌だったので、引き込み戸にはしませんでした.

天井高のアウトセットはすっきりシンプルだけど、特に天井高にこだわる気はなく、それで建具がコストアップするのはさけたかったのでパス.

それで採用したのはアウトセット引き戸.ただし、上下にレールがつかないタイプの金物を使いました.

レールの見えないアウトセット引き戸

アウトセット引き戸は、壁のほうは凹みもなく、戸一枚分の開口があるだけ.そこを、レールなしで、戸が一枚、左右に動くだけのシンプルな引き戸にしました.

使用したのは、ATOMのアウトセット引戸レール金物セット(→ rakuten).普通、壁側につけるレールを戸の上部につけ、戸車にあたる部分を壁につけるので、ぱっと見たかんじレールが見えません.(写真をよく見ると、戸の上部にレール、壁に黒い金物が見えます.)付属の下レールは使わず、戸の下部に戸車をつけ、床には真鍮のレールをつけてもらいました.上のレールにストッパーがあるので、戸あたりもなし.『枠をなくす』(→ 別記事)の方法で枠もなく、本当にシンプルな引き戸になりました.


 

金物は少し高いけど戸自体はフラッシュドアなので、あまりコストをあげずにシンプルで気に入った引き戸にすることができました.

寝室の引き戸

寝室は、室内側に戸をつけました.廊下側から見ると枠もなく、戸だけが見えます.室内側にはレールも枠もなく、戸が左右に開閉します.

洗面室の引き戸

洗面室の廊下に面した引き戸のうち一つ(写真右)がアウトセット.反対側には洗面台があるため、廊下側を戸が左右に動くようになっていて、やはりレールがないのですっきりしています.

 


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)