収納してあるモノ

 シンク上の収納 IKEA:GRUNDTAL 

 
収納を順番にまとめながら、今のうちのモノの適量を考えたいと思います.

今日は台所の東側の収納の②シンク上.
ここはシンクで作業するときの道具の一等地!

食卓や居間からもよく見える所なので、できるだけすっきりさせたいけれど、毎日の作業がストレスなくできるように、必要なものは置いておきたい.

それで設置したのはIKEA:GRUNDTAL

IKEA:GRUNDTAL

GRUNDTALのウォールシェルフシンプルな見た目で、自分で取り付けできるのもいい.

GRUNDTAL ウォールシェルフ
IKEA

ステンレススチール製なのに4000円でお釣りがくる!(うちのは80cmです.)
6本のバーで構成されているから、水の滴るものを干すこともできるし、フックなんかをひっかけて使うことができる、ステンレスだし、シンプルで衛生的で台所向き!

ここからは、今ここに収納しているものをまとめます.

水切りかご

真ん中にどどーんと置いているのは水切りかご.

詳しくはこちらをどうぞ

『la base 水切りかご』

もともとは下に置いていたのだけど、かご下に水受けを置きたくなくなくなり(傷がつくし、水受け自体を洗うのが面倒)、水受けを撤去.毎度溜まった水を拭くようにしました.

それがよかったのだけど、今度は息子が動き出すと拭き取りまでできないことが増え‥かごを上にあげてみたら、ワークトップの拭き取りがとっても楽になり、以前よりむしろきれいに維持できるようになりました.

詳しくはこちらをどうぞ

『最近のシンクの仕組み』

ボウル

ボウル類はここ.頻繁に使うから一等地に.

使う頻度が高いけど、水切りかごに置きっぱなしだとじゃま.できるだけ片しておきたいのだけど、毎度きちんと水気を取り切れるわけでもないので(雑)、風通しのいいこの位置に置いています.
ステンレスの棚は多少湿ったものでも置けちゃうので気が楽です.

重曹と漂白剤のボトル

焦げはすぐとるのが一番楽だから、とくに重曹は洗い物中に濡れた手でもパッと使いたいのでシンクの上に.

この入れ物は見た目もシンプルなので、見えるところにおいても嫌じゃない.

詳しくはこちらをどうぞ

『漂白剤と重曹入れ』

洗いにくい息子のマグマグのストローなどのパーツや、ピーラーなども、ここに漂白剤があるとパッときれいになる.

容器は、冷蔵庫の収納に使っている無印のメイクボックスで空いているのを使ってついでに洗う.

スプレー3つ

横にはスプレーが三つ.

白はアルコール、ちょっとした拭き掃除や除菌に便利.
茶色はセスキ水、主にコンロ掃除用.油っぽい食器を洗う前にシュッとスプレーすると油が乳化して落としやすくなります.
緑は、以前はクエン酸を入れていたけど使用頻度が低いので、半年前から台所洗剤を入れています.

詳しくはこちらをどうぞ

『洗剤ボトルも吊るしたい』

特に手前二つは、洗い物中に濡れた手で触るので、濡れても水がシンクの中に落ちる位置にぶら下げています.おかげで、こまめに洗ってそのまま吊るして乾かせるので、きれいが維持しやすいです.

スポンジとブラシ

この二つはずーっと変わらずこちらに.やはり水が滴ってもシンクに落ちる位置です.

こちらは以前の写真.

スポンジは最近はシンクの台拭きがわりににもなっています.
吊るしているのは無印のスポンジ用の柄.ぎゅっと絞って吊るせばカラカラに乾きます.

ブラシは鉄のフライパンを洗うのに必須.ジューッと言うくらい熱いうちに洗えば簡単にきれいに、すぐに洗う習慣もつきます.

このあたりの詳しいことは、『台所のスポンジ置き場』『セルローススポンジ』をご覧ください.

フックが3つ

以前、ここにはあまりモノをぶら下げたくないという投稿をしたのですが、最近は結構ぶら下げてます‥

以前の記事がこちら

『フックはひとつ』

ピーラーを入れていたところが息子のテリトリーになったので、ピーラーは常にこちらに吊るしています.
それからゴムベラも、食器の汚れや細かいお残しをさっととるのに、ここに常駐.
もう一つは予備.(一時的に干すもの用)
そして手前には包丁を干すための場所.
よく使うマッシャーは直接引っ掛けています.
まな板もここで乾かしています.

息子が大きくなるまでは仕方ないかなー‥
 
ちなみに、このエリア、ピークの時はこんな感じ.

ごっちゃり.

片付くとこんな.

これが、この位置の収納の、今のモノの適量.

収納の一等地って、たくさんモノがあればいいというわけではなく、むしろ厳選した少ないモノを揃える方が使い勝手が良くなりますね.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)