設備・建材・パーツ

ガラスの親子ドア

玄関の廊下からパブリックスペースに入るところ、開けた雰囲気がいいのだけど、空調の都合上やっぱりドアが必要.

それで、ガラスドアを入れることにしました.
幅があるのと(理由はこちら)、デザインも好きなので親子ドア.
ガラスなので、ドア特有の閉ざされる感じがなく、気に入っています.

出来上がりの図面を描いて、建具屋さんに作ってもらいました.

・木の枠はヒバ
・オイル仕上げ(施主塗装)
・ガラスはYKK
・取っ手は鉄のもの
・クローザーをつけました
 
 
取っ手は鉄のもの

取っ手は上手工作所というところの鉄のものです.
一般的なドアノブではなく、押し板と引き手をつけました.
使い勝手もよく、木のドアをぐっと引き締めてくれる、かっこいい取っ手です.

押し板、さりげなくPUSHと入っています.

引き手、華奢で木の枠にちょうどいいサイズ.

上手工作所は、ドアの取っ手以外にも、家づくりで使えるパーツや家具もたくさんあって、家作り中はよく眺めていました.
 
 
クローザーをつけました

ドアは普通ノブがあって、ラッチでしっかり閉まるのが一般的.
上手工作所の取っ手を使いたかったので、ここのドアはラッチと連動したノブではありません.しかしながら、取っ手や押し板をつけただけでは、ドアはしっかり閉まりません.そこでクローザーをつけました.

クローザーがつくと、見た目には余計なものがつくので悩みどころでしたが、後述の通りメリットが魅力的なので、そこはぐっと我慢しました.

旧居も玄関の廊下から居間に入る戸は開き戸でした.夏は通風のために開けておきたいけれど、ちゃんとストッパーをかけてないと、玄関を開けた拍子にばたん!と閉まってしまいます.それに冬はきちんと閉めてないと隙間風が吹いて寒い.毎度、夫に「ちゃんとしめて!」というのがちょっとしたストレスでした.

これが、クローザーが付いていると、ぐっと最後まで開けばストッパーなしでドアが開けっぱなしになり、風でバタンとなることがありません.閉じるときも手で軽く押せば、自動でゆっくり最後まで閉まるので快適です.

廊下側に付いていることもあり、実際はそんなに気になりません.機能を考えると、本当に付けてよかったです!
 
 
 
…………………
使ったもの

押し板、取っ手:上手製作所(→ web page)
クローザー:RYOBI(→ web page)
 
 
 


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)