考えたこと 設計時のインテリア

カーテンなしで暮らしたい

 
 \目次/

家を建てるとき「カーテンなしで暮らしたい」と思っていました.
 
 
理由はいくつかあるのだけど‥

それまでの暮らしではカーテンがあって当たり前だったけど、一軒家の20コ以上ある窓、
カーテンを洗うのは面倒だし(でもアレルギー体質だったので気になるし‥)、
カーテンをつけるのにはお金もかかるし(意外と高い)、
カーテンレールもカーテンもデザインをこだわりだしたらキリないし(窓にはこだわりがあったので‥)、
それにカーテンの雰囲気はかなり部屋の雰囲気を左右する.

すてきにできればこだわりどころのアイテムなのだろうけど、自分の場合いっそないほうがすっきりする気がした.

カーテンがなければ、
洗う手間もアレルギー源も(洗わなきゃと思う気持ちも)なくなるし、
コストカットになるし、
デザインもなにも考えずとも、シンプルですっきりするはず.

どうせつけるなら、設計段階から計画したほうが収まりが良かったり希望通りにいくと思いますが、ないものを後からつけるというのはそんなに難しいことではないと思ったので、とりあえず、できる限りなしの方向で計画しました.

カーテンの役割

さて、巾木とかをなくした時もそうだったけど、あって当たり前のものをなくすときには、そのものの役割を考える必要がある.

カーテンの場合は、防寒、防音、遮光、遮熱、防犯・プライバシーの保護でしょうか.

防寒については、機能性の高い窓を導入することで、ある程度は対応できるかなと思いました.

防音については、うちは立地的にあまり気になりませんでした.

遮光については悩みましたが、どうしても必要なら後からつけることにしようと思いました.

遮熱についてはあまり考えてなかったのですが、やはり直射日光が当たらないほうが涼しいですね.

一番重要だったのは防犯・プライバシーの保護でした.
この点を中心に、いろいろ考えました.

 
 
ここからは、それぞれの窓についてまとめます.

型ガラスにした窓

型ガラスというのは、こういうガラス↓

これはカーテンをなくすための常套手段でしょうか.

この向こうに車があるのだけど、ほわっとしか見えません、逆も然り.

窓の役割としては、通風・採光・景色を取り入れるなどがあると思うのだけど、うちの場合、北側はよその人の出入りもあるし、景色を取り入れることは考えず、通風・採光を目的としたので、基本的に型ガラスにしました.

あまり近寄ればうっすら見えちゃうので、場所は多少気をつけないといけませんが、基本的にカーテンなしでいけると思います.

ちなみに景色を取り入れることは考えずと書きましたが、うっすらは見えるので、植栽があればシルエットを楽しめると思いますよ!

高いところに配置した窓

近隣の建物の立地にもよると思いますが、高いところの窓はカーテンなしでもいけるところが多いと思います.

その気になればのぞけるかもしれませんので、お風呂とかは型ガラスのほうがいいと思いますが‥

上にも書いた通り、北側は人の出入りがあるのと、その他、採光と通風を目的としたところは高いところも型ガラス.

こちらの窓も景色は望めないので型ガラス.

景色が良さそうなところはクリアガラスでもカーテンなし.

台所の高いところの窓もクリアでカーテンなしです.

月が見えたり空が見えたり、雷や嵐の夜なんかも面白い.

(吉本ばななの小説に台風の夜、家族で窓辺に布団を並べるとかいう話があったと思うんですがどれだか思い出せない、キッチンかな‥)

低いところに配置した窓

逆に、低くすることでお隣さんから見えなくなることもあると思います.
地窓とかもそうですね.

この窓はカーテンをつけていますが、位置を低くしたことであまり外から中が見えないので基本カーテンを開けています.

コの字の位置につけた窓

この窓の向こうに見えているのは、うちの外壁です.

小さいスペースだけどコの字にすることで、窓のむこうは外壁.

台所仕事をするとき、目の前にクリアガラスの窓が欲しかったので‥

コートハウスでも同じと思いますが、ちょっとコの字にすることでクリアガラスにカーテンなしにできます.

見えてもいいやの窓

この景色が見える掃き出し窓.

これはかなり立地によると思うのですが、うちの場合、この窓の向こうはあまり人目がないのです.

なので、掃き出し窓にクリアガラスなのですが、カーテンなしです.

外から見ると、廊下と壁しか見えなくて、私たちが通ると一瞬見えるとは思うのだけど、いいかなと思っています.

外側で見えなくした窓

この掃き出し窓も、クリアでカーテンなしです.

ここは土間なのでカーテンやブラインドはかなり汚れることが想定され、カーテンなしの一択.

代わりに、外の土間に木の壁をつけたので、道路やご近所さんからも中は見えないと思われます.
 
 
最近、台所の掃き出し窓の向こうにタープをつけたのだけど、これ、向こう側を低い位置で留めるとけっこう目隠しになりますね!

室内窓

ちなみにこちらは室内窓なので、もちろんカーテンなしです!

ブラインドをつけた窓

こんな感じで、20コ以上ある窓のほとんどをカーテンなしにしました.

ただ、居る時間が長く、夜電気をつけることが多く、大きなクリアガラスであるこの窓だけはカーテンなしは‥ということで、ブラインドをつけました

ブラインドは調光できるし、開け放したときに比較的すっきりするし、掃除も楽なので、気に入っています.

カーテンをつけた窓

そして、2箇所だけカーテンをつけました.

こちらは、夜電気をつける時間帯はちょっと気になるので‥

昼間は開けていることが多いです.
 
 
もう一ヶ所.
こちらも、端っこを少し開けるだけでも気持ちいいです.

植栽がかなり増えてきて開けっ放しできるのだけど、やはり夜は閉めたい.

カーテンといってもガーゼの布なので、パッと外して洗えるし、2枚くらいならカーテンの管理も気が軽い.

暮らしてみての感想

やっぱりすっきりしていい
カーテンがないと、カーテンを洗わなきゃと思わずにすむし、明るいし、すっきりするし、窓周りの掃除しやすいし、それにカーテンは埃の発生源にもなるから部屋の掃除も楽、やっぱりよかったと思います!

これで、カーテン代もういたと思うとうれしい.
ただ、住んでしばらくはカーテンがないことがなんとなく不安にも感じました.(すぐ慣れましたが‥)

意外と知らない夜の様子
新しく建てる家の夜の様子って済むまであまりわからないと思うのだけど、うちの場合は近くに信号があって、その光が意外と窓(型ガラス)越しに見えました.
夜は使わない部屋だったので気にならなかったけど、寝室とかから見えたら気になっただろうなと.

赤ちゃんとの暮らしを想定すると
息子が生まれてから、暑い・寒い・便利‥などいろいろな理由で、寝床を移動してきた我が家ですが、赤ちゃんが眠るにあたっては遮光は大事だと思いました.
ネントレの本によっては遮光カーテンをつけろと書いてあるものもありますが、うちの場合、満月だと結構夜中でも明るく‥真っ暗だったら夜泣きが減ったのかな‥と思うことがありました.

雨戸も使える
夜、雨戸を閉められる窓なら、分厚いカーテンなしでも暗くできますね.
そういう窓はちょっとした目隠しの布切れでもしのげると思います.そうすれば掃除も楽だし、雰囲気も作りやすいですね.

カーテンなしは計画的に
カーテンって、家作りの中では最後の方に出てくる話だと思いますが、もしデザインをよくしたいとか極力減らしたいとなれば、窓の位置やガラスの種類、雨戸やカーテンレールのことなど、設計段階から考えなくてはならないことが多くなります.

終盤で決めるカーテンの値段をただ下げると、せっかくそこまでいろいろこだわってもイメージと違う‥となりかねませんので、カーテンの有無に関わらず、窓周りをどうするかは初めから考えておく方が良さそうです.


Related Post & Tag

 

広告

13 Comments

  1. いつも楽しみに拝見しています。
    私にももうすぐ3歳になる娘がおり(息子さんと同級生ですね)、トッポンチーノや布おむつ、入浴時に石鹸を泡立てて使用など、(昔のことですが)うちでも同様にやっていることが多く、ayakoさんに親近感を抱きながら読ませていただいています。一方で、「もっと早く知っていれば!」と思う内容も育児に限らず多々あり、大変勉強になります。ありがとうございます。
    ところで、件の吉本ばななさんの小説は『哀しい予感』だったと思いますよ。私も大好きな作品です。

    今後もご無理のない範囲での更新、楽しみにしております。

    1. hemiolaさん
      コメントありがとうございます!
      娘さん同級生なのですね!親近感と言っていただきとてもうれしいです!!そして‥
      そうでした!!哀しい予感です!!
      懐かしい!教えていただいて内容や表紙やその頃のいろいろをなんとなく思い出しました!高校生の頃、吉本ばななを端から読んだなと(現実逃避?笑)
      あー、息子が一人で眠れるようになったらゆっくり読み返したいです、そんな日が遠からずやってくるのでしょうね、楽しみが増えました、ありがとうございました 🙂

      1. お返事ありがとうございました。すっかり間が空いて大変失礼いたしました。
        私も中高生の頃、吉本ばななさんの作品を読み耽っていたので、とても懐かしかったです。独特の空気感に浸るとなかなか抜け出せないですよね。確か『哀しい予感』にあったボール(?)で作るプリンも、いつか娘と一緒に挑戦してみたいと思っています(笑)。

        こちらも毎日一晩に10回近く起こされ、読書どころではなかったですが、2歳半を過ぎた頃から、少しずつ眠るのが巧くなり、やっと落ち着いて本を読めるようになりました。ayakoさんももう少しでいらっしゃると思います。

        ところで、このたびinstagramのほうもフォローさせていただきました。「暮らしの最適化」につきましても、以前投稿されていたものに再度拝見したいものがあり、恐縮ですがリクエストさせていただいています。差し支えなければ、ご承認よろしくお願いいたします。

        1. hemiolaさん
          私も高校の図書室の書架の間のハシゴに座ってひたすら読んでいたのを懐かしく思いました!子供と暮らす未来は想像がつかなかったけど、家族のイメージが昔に読んだ本から作られているのでしょうね、ボールで作るプリンもいいですね!ありがとうございます!
          お子さんも一晩に10回コースだったのですね、息子も少し前までそんな感じで、ようやくまとまって寝るようになりました.子育ての先輩のこういうお話は本当に励みになります、ありがとうございます!
          「暮らしの最適化」、すっかり放置してしまっていました、時間のある時にアカウントを開いてみます、リクエスト承認今しばらくお待ち下さい

  2. ガーゼのカーテンについて質問です。
    わが家も検討しています。
    こちらはどの程度の薄さのガーゼでしょうか?
    また夜電気を点けた際、外からの視線は気になりませんか?
    透け方などお時間のある時で構いませんので教えていただけると嬉しいです^^

    1. おはるさん
      ガーゼはダブルガーゼです!布自体はもう10年くらい前に購入した在庫布で詳細はわからないのですが‥
      うちの場合、道路やご近所さんの位置や、窓の前が広めの庭なのもあり視線は気になりません.また、たまに息子が窓に近づくくらいなので気にならないのかもしれません、電気をつけて窓辺に近づけばシルエットくらいは見えるかなという感じです.もし、窓のすぐそばにダイニングテーブルがあるとか、着替える部屋だと気になるかな‥
      お家の立地や間取り、布の厚さなどいろいろな条件によるかなと思いますし、住まう方が気になるかどうかとも思いますので、カーテンを購入したり縫ったりする前に、仮のものを下げてみるといいかもしれません!

  3. こんばんは。土間についてお聞きしたいのですが、土間に水道などつけてますか?チラッと見えるものは板でしょうか?何か置くためのものですか?土間が上手に使えなくて。土間の使い方が気になります。

    1. 写真の左には、上から窓、棚2段、モルタルの水道流しがあります!
      うちの場合はものを作る場所と初めから決まっていたので、それに合わせた棚や収納、流しや作業台などがあります!

  4. とても素敵なお家、憧れです✨ガーゼのカーテンはどうやって付けていますか?つっかえ棒ですか?

  5. 我が家も家づくりが本格的に始まり、参考にさせていただいてます!
    台所のシンクの上部(天井の高い所)に窓がありますが、夏は暑さや日差しが気になりませんか?日々のメンテナンスで窓拭きなどはどうされてますか?
    我が家はリビング部分が吹き抜けで、吹き抜け部分上部(南面)に窓をつけるつもりですが、日除けや窓拭きなどメンテナンスのためのアクセス方法をどうするか検討中です。(使うときにはしごをかける、渡り廊下的なものをつける等)見た目はすっきりさせたくて、でも日々の管理はしやすく、と考えると色々迷ってしまいます。ayako さんのお宅で手の届きにくい所のメンテナンスで工夫されてることがあったら教えてください。

    1. きゅーさん
      台所の高いところの窓ですが、夏は日が高いので暑さはあまり感じません!むしろ冬の方が日が低いので日差しが差し込み、暑くはありませんが眩しい場所があります!
      日射は図面で事前にイメージできるので、どの辺りに日が当たるか見ておくといいかもしれません!庇を設けたり遮熱ガラスの検討もいいのかなと思いました.(『エアコンのいらない家』など参考になるかもしれません.)
      今日は高い窓から月が見えて、息子もよろこんでいました!
      メンテナンスですが、うちの場合、二階建ての吹き抜けほど高さがないので、脚立で対応できる高さです.勾配天井ですが、LDK部分は床下に1m弱の床下収納があり、そんなに高さが出ないようにしました.外からも、ウッドデッキを通常より高く設置しているので脚立でアクセスできます!
      もしも、シーリングファンやペンダント照明などがあると窓よりも高い頻度で掃除が必要になると思いますので、そちらも対策しておいた方がいいと思います!
      実家は二階建ての吹き抜けにあるシーリングファンの掃除が少し大変そうですし、取り替えとなるとなかなか大事で、業者さんによっては足場が必要と言われていました!

      1. まさにうちも二階建ての吹き抜けにシーリングファンをつけようと思っていました。やはりアクセスのしやすさは重要ですね。機能的なおうちを設計されてて聞けば聞くほど、参考になります。仕事も復帰されてお忙しいところ、ありがとうございます。

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)