絵本

かがみのえほん『ふしぎなにじ』

今、一番お気に入りの絵本.

2・3ヶ月ころから少しずつはじめた読み聞かせ.
近頃ぐっと絵本への集中力がましてきました.

なかでも、本屋さんで一緒に選んだこの絵本は大のお気に入りです.
 
 

各ページに鏡の部分があって、本を90°に開くと向合うページが映り込む仕掛け絵本.
これを不思議と思えるのはもう少し先のことだと思うけど、虹の映り込みや、開く角度によって見え方が変わるところ、自分の顔が絵本の中に映るところなんかが面白いみたいで、何度読んでももう一回となります.

色がはっきりしているから、低月齢の赤ちゃんでも見やすいし、大人もその不思議さやきれいさで楽しめます.

最後の花火のページは声を出しながら、開く角度を変えたり、近づけたり(顔を挟むくらい)、離したり、フリフリしてチラチラさせたりすると、何分でも喜んで遊んでられます.本当にすごい!

紙質もしっかりしていて、角も丸く扱いやすいので、自分でページをめくったり、動かして映り込みが動くのも楽しめます.
おもちゃのような遊びの要素の大きい絵本.

ながく楽しめそうです.

 
 
…………….

(→ amazon)(→ rakuten)
 
 
かがみのえほんシリーズのもう一冊、『きょうの おやつは』は、もう少し大きくなってからの方が楽しめそうです.
こちらも、一緒に読めるようになるのが楽しみ.

(→ amazon)(→ rakuten)

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
(InstagramのDMやコメントは見落としがちです、ブログのコメント欄は全てに目を通せるのでこちらにコメントいただけるとうれしいです.)