行事

お食い初め

「一生涯、食べることに困らないように」

お食い初めは家族三人で.
恒例の3人記念撮影と、お食い初めの様子は動画撮影して、楽しいイベントになりました!


(イベントは動画でも撮っています↑)
 
 
 
祝い膳
 
一汁三菜にお赤飯と鯛の尾頭付き、といっても、本当に最小限ですが.正直、料理はあまり得意ではないけど‥ 気持ちが大事かなと.

私たちは外から来たこの土地が、この子の育つ土地になると思うとなかなか感慨深くて、できるだけ地元のものを材料に探しました.
鯛とはまぐりは、前日に三人で魚市場に買いに行きました!
歯固め石も、ご挨拶を兼ねて、近所の神社でお借りしました.
 
 
 

吸う力が強くなるように、お吸い物.よい伴侶に恵まれるように、はまぐり.
ゆずと結び三つ葉があると、彩りも香りも良くなりますね.
ゆずが手に入らず、ゆずの入ったお漬物を買ってきて拝借しました‥

いつもの煮物も、切り方を変えるだけで、特別感がでます.
ねじり梅にするために買った抜き型(→ amazon)は、6こセットだったので、子が大きくなったら、クッキーを抜いたり楽しめそう.

紅白なますと香の物におばあちゃんの梅干し!
なますも、ゆずがあるとはなやか、しわしわになるまで長生きするようにの梅干し.

お赤飯はとーさんが炊いてくれました!
基本は任せてもらいつつ、一品参加してもらうとなんだかうれしい.

歯が丈夫になるように、歯固め石.
地元の神社の境内からお借りしてきました.
また、お礼を言いつつお返しに行こうね.

最後は鯛の尾頭付き!
仕出し屋さんに頼もうか悩んだけど、前日に市場で花鯛を入手、オーブンで焼きました.
ヒレに化粧塩とアルミホイルでカバーをして踊り串を打ち、200℃で45分、簡単で美味しく焼けました.
花鯛なら大人二人でぺろりのサイズ、4匹買ったので焼いてから鯛めしに炊きこもうかと思っていたけど、美味しくてそのまま食べてしまいました.


焼く前の鯛!
 
 
 
準備と当日の流れ

前日に材料を調達.
飾り切りに時間がかかる煮物と、紅白なますも前日のうちに作っておけば、当日楽だし、味も馴染みます.
当日は鯛を焼いて、お赤飯を炊き、お吸い物を作るだけ.どれも簡単なので、バタバタしないし、子どものご機嫌な時間を見計らってお食い初めをできました!
うちの子は朝がご機嫌なので、起きてから準備をして、朝寝から目覚めたご機嫌のタイミングでお食い初め、前日の準備の甲斐あって、朝の10時には終えることができました.
人を招かないでやるなら、大人の食事とは分離して、イベントとして楽しんでもいいのかな、と思いました.


Related Post & Tag

 

広告

コメントを残す

コメントやご質問などはこちらからどうぞ.少しお時間をいただきますが順にお返事しています
ご質問の方はこちらをご一読ください
コメントはお返事しながら承認しているため、すぐには反映されません.